タオルのコラム

寝る時に首に巻いて保温と汗取り|意外と知らないタオルの利用法

更新日:

タオルはもしかして首に巻くためのアイテム?

健康のためには夏でも冬でも首元を冷やさない、保温するのが鉄則です。
冬場にはマフラー、夏場には薄手のストールと、日中は気にしている人も多いようです。

首の周りは皮膚がうすく太い血管が通っているので全身をめぐる血液の温度を左右する大切な場所。ちょっとした暑さ寒さでも影響をダイレクトに受けてしまうので、できるかぎり快適な状態に保っておきたいものです。

日中の首元だけでなく夜寝るときにもしっかり気を使えば1日中気持ちよく過ごせるはず。でも寝ているとき首元にかいた汗が不快で寝苦しく目が覚めたという経験ありませんか?そこでオススメしたいのが汗取りとして「タオルを首に巻いて寝る」という方法です。

なぜ眠る時にタオルを首に巻くの?

なぜタオルが良いのかご説明していきます。

まず、寝る時のメカニズムを知っておきましょう。
心地よい眠りに入るとき体温は徐々に下がっていきます。夏でも冬でも快適な眠りに導くよう少し汗ばむことで、その汗が蒸発する気化熱によって体温をゆっくりと下げていくのだそうです。

肌着があたっている場所は汗を吸いとってちょうど良く蒸散し体温を快適に保ってくれますが、首元は意外と盲点でじっとり濡れたままになってしまうことも。首元は体温調節の要所なので、ぬれた状態が長く続くと血管が冷やされ過ぎて寒くなったりすることがあります。また、汗取りをおろそかにしておくと汗腺がつまり気味になり「あせも」の原因にもなります。

肌着が汗取りをしてくれるように首元にもちょうど良く汗を吸ってくれるものがあれば、気持ちの良い眠りも手に入れることができますし、体の冷えを予防して皮膚も清潔に保つことができます。

これが、首元にタオルを巻いておくのが最適な理由です。

どんなタオルが良いの?

でもタオルなら何でもいいというわけではありません。タオルはさまざまな種類がありますから、寝るとき巻くのに最適なタオルの条件をあげていきます。

肌ざわりが良いこと

寝ているあいだ肌にずっと触れているので、好きな肌ざわりのものが適しています。好みは人それぞれですが、シンプルに大きく分けて「さらり」と「ふわり」。さらりならガーゼ生地、ふわりならパイル生地がオススメです。

良く汗を吸い乾きが早いこと

ガーゼ生地は文句なしで乾きが早いのが利点です。パイル生地は吸水性良いもののパイルの密度が高いものは乾きが遅いという場合もあるのでパイルが緩やかに織られているものやベースの生地が薄いものが良いでしょう。

寝姿勢を邪魔しない厚みであること

安眠枕の条件は、首のアーチをしっかりとつくって頭の重みを分散してくれることです。せっかく安眠できる枕なのに、首に巻いたタオルの厚みで寝姿勢が変わってしまうのは困るので、比較的首に負担をかけない薄手なタオルが適しています。

首元でしばることのできるちょうど良い長さと厚みであること

枕カバーの上にタオルをしいている人や、首の後ろに汗取りタオルを置いている人はいるかもしれませんが、今回は首全体をカバーするためタオルを巻いて首元でしばります。

寝ている間にほどけてしまわないように、長めであることが重要です。長さの目安としては85cm以上。また厚すぎると結び目がほどけてしまう可能性が高いので、薄手のものが良いでしょう。

タオルの巻き方は?

とりあえず、手元にあるタオルでやってみようという方もいらっしゃると思います。普通のタオルは短めなので結ぶと首がしまってしまったり、厚みがあるとほどけてしまったりする可能性があります。首にかけたタオルの両端をゴムでまとめる方法でも有りです。

ただし、ゴムの素材によっては肌に触れた部分がかぶれたりすることがあります。女性の方は髪ゴムやシュシュなどをつかうのがオススメです。

本当に簡単に快適な睡眠を作ることができますので、お手持ちのタオルで良いので今日からでも効果を確かめて下さい。

寝る時に使いたい首まき用のタオルは?

条件をクリアするタオルの種類をいくつかオススメしておきます。

大前提として、首に巻く強さは苦しくない程度、自分の好みでOKです。またタオルが薄手で長ければひと結びで大丈夫。かた結び(コマ結び)にしなくても、かなり寝ぞうが悪くてもほどけることはありません。

手ぬぐい系タオル

手ぬぐいは木綿の平織りで一般的で90cm×35cm程度のもの。長さ形は手ぬぐいですが、吸水性の高いタオルづくりの手法を使ってつくられているので、長くて首に巻きやすく汗を良く吸うという首に巻くにはベストのお財布にもやさしい薄手のタオルです。

生地のタイプはいろいろがあるので、お好きな肌ざわりがえらべます。手ぬぐいからイメージを得ているのでかわいい和柄のものが多く洗濯をして干す時も楽しめます。

スポーツ系タオルマフラー

アウトドア向けのタオルマフラーですが、細くて長いので寝るときに巻くのにもおススメです。スポーツ中にも邪魔にならないよう比較的薄手のものが多くで、長いものは100cmを越えるものもあるので首が太めの方にも安心の長さです。ガンガン洗えるよう丈夫で低価格なのも魅力。

スポーツタオルなので良く汗も吸いますが、濡れると「ひんやり」するアウトドア向け特有の機能がプラスされているものもあるので注意してえらびましょう。ひんやりタオルは寝るときには不向きです。

オシャレ系タオルストール

首に巻くことを前提につくられているタオル素材のストールですから肌ざわりと保温性という意味では機能として文句なしですが、タオルというよりファッション雑貨という扱いのものも多く、えらび方を間違えると洗う時に手間がかかったりすることもあります。

冬用のものは厚手なので、夏用の軽めのタオルストールをオススメします。お値段にもかなり幅がありますし織り方もいろいろ。えらぶこと自体が楽しみになります。まずはオシャレのワンポイントに選んで外出時につかい、ちょっとくたびれてきたら寝るときにつかうのも有りですね。

まとめ

首にタオルを巻くなんて「おじさんぽい」と思う方もいるかもしれませんが、誰も見ていない自分の部屋で快適さを重視するなら、寝るとき以外にもタオルを巻いておくのがおススメです。首元はかなり汗をかく場所で、肌が薄く敏感なので不快感も強いのです。

夏場は汗をちょっとかいたらサッとほどいて別のタオルに替えることも簡単です。冬場は常に喉を保温して風邪予防にも効きますし良いことがたくさんあるのです。

まずは「寝る時に首にタオルを巻いて保温と汗取り」を実践してみて下さい。快適で驚くこと間違いなし!首巻きタオルが手放せなくなりますよ。

 

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。デザイン性が高くプレゼントとしてもらったときに幸せを感じる工夫があります。

最新の技術で使うほどに柔らかくなる魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く、バスタオル・フェイスタオルなどの組み合わせ選びも楽しい。タオルラボ注目の高品質タオル。

今治タオル「sara-la(さらら)」

今治タオルの高級ブランド「sara-la」は希少な超長綿であるギリシャコットンを使った、絹のように輝くタオル。シンプルな白いタオルながら高い品質と日本風のデザインで様々な贈り物シーンで人気が出ています。

幅広い年齢層・女性向けのタオルギフトを探している方で、品質にこだわる方にオススメです。

タオルの贈り物は今治タオル。そんな定番中の定番のギフト商品の中でも、ただ今治タオルのブランドというだけでなく、最高レベルの使い心地を追求して作られたタオル。ロットナンバーでタオルを管理する品質への徹底ぶりは驚きます。

梱包の箱も和テイストで統一されていて美しい。お中元やお歳暮などの季節のご挨拶はもちろん、縁起物として結婚祝い、結婚内祝い、出産祝い、快気祝いにもぴったりです。

Hotman(ホットマン)

創業150周年を迎えたホットマンの「1秒タオル」は優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で人気です。吸いつくような感触が最高の湯上りを感じられます。

シンプルなタオルですが使われる技術はかなりハイレベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

数々の賞を受賞し、 テレビ、雑誌にも取り上げられ、有名な百貨店の多くで販売されている1秒タオルは一度は試しておきたい。プレゼント対応も非常に良いです。

-タオルのコラム
-,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2019 All Rights Reserved.