タオルのコラム

今治タオルの「タオル美術館ミュージアム」のリアルミュージアム潜入体験

更新日:

タオル美術館のギャラリーなどが入ったアミューズメント施設「ICHIHIRO」。タオルの旅の中、是非一度は言ってみたいと思って友人と遊びに行ってきました。このタオル美術館ICHIHIROはタオルをテーマにした世界でも唯一の美術館なんです。タオル国内生産量の約60%を占める全国一のタオル産地である今治で世界唯一のミュージアムがあれば、行かなきゃタオル好きとは名乗れないわけです。

施設の中にはカフェやレストラン、大型タオル売場が併設されています。「タオル美術館ICHIHIRO」は、今治市中心部から車で30分程度、町から外れた山と田んぼが多いしずかな場所に建っています。近くに行くと道案内が多くあるので迷うことはないですね。

タオル美術館がなぜムーミン展をやっているのか疑問

タオル美術館がムーミンの柄に織られたタオルを販売しているのは分かるのですが、なぜミュージアムの常設展をやっているのか謎。気になったのでタオル美術館の受付の方に聞いてみました。

すると

「ムーミン谷と今治の山間部が似ていることから」

というなんともぼんやりとした回答。今治とフィンランドのモデルの地域が有効都市であるとか、作者のトーベ・ヤンソンさんとの関係がるというわけではないのだそうです。

左がタオルミュージアムからの展望、右がムーミン谷のイメージです。似てます?

ただ、ミュージアムの半分と外のお庭のほとんどはムーミン色が強いので、ムーミンアレルギーの方は注意が必要です。これだけ大型でしかもタオル地でできた人形展は他では見ることができないので、非常に興味深く見ることができました。

無料でも楽しめるタオル工場

タオル美術館4Fに行くとタオル工場を無料で見学できる場所が実はあるんです。

それがこの、5ツ星タオルの製造工場です。窓ガラスで仕切られたわずかな空間に入ることができ、ここでは工場の様子を遠目ですが見ることができます。

TOYOTAの織機を使った超高速のジャカードの柄織機を見学することができます。タオルの製造速度よりも、工場内の綺麗さとオペレーションする人数の少なさに驚きました。一人で何台の織機を見ているんだろう。工場内はほとんど人がいない様子でした。

製造工程について詳しく見ることはできませんが、ミュージアムに展示されているタオルを使った美術品やムーミンに興味がない方は十分満足できるかもしれません。

 

タオル美術館での滞在時間目安は?

私はタオル好きということもあり、カフェやレストランは使っていませんが2時間程度は必要でした。最新の織機を使った高速のシャガード織を見ることができるのは本当に貴重な体験となります。

また、普段百貨店に入っているタオル美術館の販売店と比較するとたくさんの種類のタオルがあるので、さわり心地の比較なども楽しいです。

最近では新機能商品の開発も行っているようで、製薬会社さんと連携している「殺菌効果」「防臭」「アトピー予防」などの効果のあるタオル・繊維の研究設備も見ることができます。ガラスの奥にいる製薬会社の研究員の方とタオル美術館の方の雰囲気の差も必見です。

美術館入館料

カフェやタオルの販売店の見学は無料です。

ムーミン展やタオルの工場見学、その他作品の展示を見るためには以下の入館料が必要になります。

1名あたり

大人 800円、中高生 600円、小学生 400円

4階の受付でお姉さんに料金を支払うとチケットと手ぬぐいを貰うことができます。

 

タオル美術館「ICHIHIRO」の案内・アクセス

住所:〒799-1607 愛媛県今治市朝倉上甲2930

 

営業時間:9:30~18:00(ギャラリー見学は閉館30分前まで)
※毎週土曜日、連休(最終日は除く)は開館時間を20:00まで延長

電話:0898-56-1515

駐車場:有り(無料)

 

タオル美術館ICHIHIRO気になる点

今治にあるタオル美術館ですので、すべて国内生産で今治タオルなのではと期待していたのですがこれは違います。販売されているタオルの半数程度は中国製であることが分かりました。これについても従業員の方にお話を聞いてみると、コストダウンのために一定量は海外で製造することになっているそうです。

使用する材料や織機などの製造ノウハウは今治のそれと同じであると説明してくれていました。

国産の安心感が必要な方は今治タオルのブランドタグが付いたものを選んだ方が良いでしょう。すべてが今治タオルと誤解しないようにしてくださいね。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く、バスタオル・フェイスタオルなどの組み合わせ選びも楽しい。タオルラボ注目の高品質タオル。

今治タオル「sara-la(さらら)」

さらら

今治タオルの高級ブランド「sara-la」は希少な超長綿であるギリシャコットンを使った、絹のように輝くタオル。シンプルな白いタオルながら高い品質と日本風のデザインで様々な贈り物シーンで人気が出ています。

幅広い年齢層・女性向けのタオルギフトを探している方で、品質にこだわる方にオススメです。

タオルの贈り物は今治タオル。そんな定番中の定番のギフト商品の中でも、ただ今治タオルのブランドというだけでなく、最高レベルの使い心地を追求して作られたタオル。ロットナンバーでタオルを管理する品質への徹底ぶりは驚きます。

梱包の箱も和テイストで統一されていて美しい。お中元やお歳暮などの季節のご挨拶はもちろん、縁起物として結婚祝い、結婚内祝い、出産祝い、快気祝いにもぴったりです。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマンの「1秒タオル」は優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で人気です。吸いつくような感触が最高の湯上りを感じられます。

シンプルなタオルですが使われる技術はかなりハイレベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

テレビや雑誌にも取り上げられ、有名な百貨店の多くで販売されているタオル。吸水力抜群の1秒タオルは一度は試して欲しいタオル。プレゼント対応も非常に良いので贈り物の心配なしです。

-タオルのコラム
-,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2019 All Rights Reserved.