タオルレビュー

【育てるタオル】classicとfeelを比較!使い道で買うべきタオル違うことが判明

更新日:

フィール クラシック

育てるタオルシリーズの人気定番商品の「クラシック」と「フィール」。

どちらも世界7か国で特許を取得した、洗濯するほどボリュームアップするという「スポンジーコットン100」が使用されています。

この2シリーズのタオルは価格帯が似ているので、迷う方は多いのではないでしょうか。今回は育てるタオルの人気アイテム2つについて比較していきます。

育てるタオル「クラシック」「フィール」比較表

育てるタオルの標準グレードであるfeelと旧モデルのclassicについて比較していきます。

名称 育てるタオル「classic」 育てるタオル「feel」
糸の素材 新疆綿・スポンジーコットン100 スポンジーコットン100
バスタオル 4,500円(60x120cm) 4,800円(60×120cm)
フェイスタオル 1,800円(34x85cm) 2,200円(34×85cm)
特徴 旧モデル・普段使い 円柱型の可愛らしいデザインのギフトボックス
高級感
カラーバリエーション
詳細確認

価格が若干classicの方が安いですが、これはほぼ箱代と考えてよいでしょう。

筒型のfeelのラッピングは届いた時の嬉しさ倍増。この差額以上の満足感は間違いなく得られます。

※スポンジーコットン100って何?育てるタオルが使っている専用の糸。協力関係にある撚糸会社の技術によって、糸1本1本の間に空気が入り込むように設計されている特殊な糸です。

引用:スポンジーコットン100公式

この糸の大きなメリットとして洗濯をすることで膨らむという性質を説明されますが、実は毛羽落ちの少なさもあるのです。これによって、使うほどゴワゴワしていくスピードがかなりゆっくりなのです。

上のグラフに示されていますが、最近流行している無撚糸のタオルは1回のお洗濯で0.3%重量が少なくなるのに対して、スポンジーコットンは0.1%未満であるということがわかっています。ちょっと高級に思える育てるタオルも耐久性を考えると非常にコストパフォーマンスがいいタオルということがわかります。

 

育てるタオル classicってどんなタオル

「クラシック」は育てるタオルの基本シリーズでもあり、手頃な価格と上質な新疆綿のやわらかさで品質の良さを感じることができるタオル。

洗濯をすることで糸の間に空気が入る育てるタオルの真骨頂ともいえる技術が使われています。

柔らかい風合いのタオルなので、吸水性や速乾性の機能は一般的なタオルと比べると高いです。高いレベルで耐久性があり、使い続けてもゴワゴワになりにくい性質があります。

育てるタオルクラシック

色はピンク系のモーヴ、ホワイト系のエクリュ、グレー系のアッシュの3色展開。

ただ育てるタオルの中では旧モデル的な扱いとなっているようで、2020年現在は生産量が少なく売り切れになっていることが多いです。

「クラシック」のメリット

  • やわらかく軽い風合いのタオル
  • 薄手でサラッとした肌触り
  • 育てるタオルシリーズ最安となる価格

「クラシック」を選ぶべき人

育てるタオルの特徴を手頃に体感したい方には、「クラシック」がおすすめです。

スポンジーコットン100を使用しており、上質な新疆綿のやわらかさと軽さを感じることができます。

金額も「フィール」などの他の製品ラインに比べると手が届きやすく、質の良いタオルとしてバランスの良さを感じることができます。また、身近な人や家族などへのちょっとしたプレゼントとしても使いやすい。

「フィール」や「マルク」のようなオシャレな黒いギフトボックスには入っていないので、あくまで家庭用で使ってみたいという方向け。

育てるタオル feelってどんなタオル?

育てるタオルフィール

「feel」は、育てるタオルの中でもフワフワとした触り心地でとちょっと贅沢な価格帯。女性を中心に人気のタオルです。

育てるタオルの洗濯をするたびに、吸水性やボリュームなどがあがるシステムはfeelも搭載済み。

全体的に軽めの使用感で、ふんわりとした程よい弾力が好きな方にはfeelが好まれるようです。

カラーバリエーションは全部で5色(チャコール・モス・ミスト・ロータス・フォグブルー)。いずれも落ち着いた色合いですが、可愛らしさも感じられます。

「フィール」のメリット

  • やわらかく軽めの肌触りと使い心地
  • ギフトボックスが可愛い
  • 女性向けのカラーバリエーション
  • ギフトセットが豊富

「フィール」を選ぶべき人

育てるタオルとしての、ふんわりとした触り心地とカラーバリエーションを重視する方には「フィール」がピッタリ。

女性用の育てるタオルならfeelが第一候補と断言できます。

classic同様にスポンジーコットン100が使われているので、洗うほどに吸水力アップ。

特に「フィール」は女性の使い心地を意識したプロダクトラインなので、軽くふわっとした感触が得られます。

価格帯も求めやすいため、普段づかいにも使えますし、ギフトセットも豊富。プチギフトとして贈り物にも最適です。

また、「クラシック」が薄手でサラッとした使い心地に対して、「フィール」はよりふんわりとした使い心地。

吸水性・保水性はMARQUEシリーズよりやや劣るものの、日常使いに問題はないです。髪の長い女性でも充分に拭き取れる品質があります。

筒形のかわいいギフトボックスが「クラシック」にはない要素ですので、贈り物ものとして友人や同僚に渡すことを考えればfeelで間違いありません。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザインもカッコ良く、手に取ったらすぐに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地とデザインが抜群に良く、ギフトセットは黒く可愛い箱に入ってセンスが光ります。ギフトセットの種類も多くて贈り物にぴったり。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

TRUE TOWEL(トゥルータオル)

TRUE TOWELは今治タオルのなかでも、多くの高級ホテルのタオルを手掛けるメーカーのオリジナルブランド。

見た目が美しいタオルで手に取った瞬間に良いものとわかるインパクトがあります。幅広い年代に使えるタオルギフトになります。

TRUE TOWELは「SUGOI」「HOTEL」シリーズから選べ、どちらも国内最高レベルの綿100%タオルになっています。

自宅に居ながらホテルや高級スパにいるような贅沢感と肌触りのよさを感じられるでしょう。希少性の高いブランド綿は一度は手にとって実感して欲しい、そんなタオル。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われていて世界へも優しい自分に。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-タオルレビュー
-

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.