ギフトの基礎情報

お中元・お歳暮の贈り物マナーについて|タオルギフトはどれが良い?

更新日:

お中元・お歳暮の意味を知ろう

お中元やお歳暮は日ごろお世話になっている人に感謝の気持ちをこめて贈るものです。

お中元は7月上旬~7月15日までに贈るもの。かつてはこの時期がお盆だったことから、ご先祖様の魂を祭るために一族が親元に集まったときに持ち寄った捧げ物がルーツになっている文化のようです。

お歳暮は今では年の最後にお世話になった人に贈るものされていますが、かつては新しい年を迎えるためのお祭りに必要なものを持っていく風習でした。

今では両親だけでなく、親戚、仲人、お勤め先の上司、先生などが様々な方に贈ります。

お中元・お歳暮を贈るときに気をつけること

感謝の気持ちをこめて商品を選んでも、品物を送りっぱなしで連絡をしないとうのはマナー違反です。

誠意を伝えるためには、ハガキや手紙にしっかりと送り状を付けましょう。この送り状は、お中元・お歳暮の品物が届く前に渡す相手に到着するように投函します。

この心遣いひとつで相手に対する印象は大きく変わるものですよ。

お中元の送り状テンプレート

拝啓 暑さもようやく厳しさを増してまいりましたが、皆々様にはお変わりなくご健勝のこととお喜び申しあげます。平素はひとかたならぬご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
さて、日頃の感謝をお伝えしたく、ほんの心ばかりのお中元の品ではございますが、別便にて〇〇をお送りいたしました。〇日頃には届くかと存じますので、お気兼ねなくお受け取り下さい。
猛暑が続きますが、どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。

敬具

7月#日

お中元・お歳暮の贈り方まとめ

  • お中元 7月上旬~7月15日
  • お歳暮 12月上旬~12月20日ころ
  • 金額の目安 3,000~5,000円
  • 掛け紙・水引き 紅白蝶結び・熨斗つき
  • 表書き 御中元・お歳暮

お中元・お歳暮にオススメのタオル

お中元やお歳暮は、カジュアルな印象の誕生日プレゼントとは異なり古くからある風習の要素を含んでいるので、日本をイメージした贈り物が良く似合います。

また、パッケージもそれなりにしっかりした箱に入っているものを選んであげると、感謝が伝わりやすいという傾向もあります。今回は以上の2点とタオルの豪華さを合わせてお中元とお歳暮に間違いない贈答用タオルを紹介します。

今治タオル「さらら」タオル

今治タオルの中でも、贈り物用に開発されているものって意外と少ないんですよね。

そんな中、お中元や御年賀などの挨拶にぴったりな、高級志向のタオルが「sara-la(さらら)」。和紙で包まれた非常に美しい箱とタオルも希少なブランド綿を使った輝きのある白さが綺麗なタオル。

価格:5,000~16,000円

今治謹製「至福タオル」

日本の伝統を感じさせる木箱にいれられて、非常に格調を感じさせるタオル。今治謹製ブランドと今治タオルのダブルブランドの品質の高い商品です。

至福タオルのパイルには、新疆綿(しんきょうめん)の超長綿が使用されています。この綿は世界3大コットンに選ばれるほど、品質が高いことで有名なもの。さらっとした感覚が気持ちいいタオルです。

またパッケージには縁起のいい金や銀が入ったデザインなので上品かつ豪華。木箱のフタも金の箔押しと大人の贈り物としてかなりハイレベルなパッケージのタオルは目上の方にぴったり。

価格:3,000~15,000円

 

お中元・お歳暮のマナー 初心者向け

お中元とお歳暮は両方贈らなければいけないの?

両方贈らなければいけないというルールやマナーはありません。負担が大きすぎるという場合や相手に逆に気を使わせてしまうかもという場合にはお歳暮だけでも構いません。

ただし、一回の場合には金額を少し多めにするという方もいらっしゃいます。関係性にもよりますが、継続できることを考えて無理のない範囲で贈ればよいでしょう。

遅くなってしまったときはどうしたらいい?

お中元の時期を逃してしまったとき、困りますよね。

そんな時は8月8日まででしたら「暑中御見舞」ののし紙をかけて贈ります。それ以降でしたら「残暑御見舞」として贈れば大丈夫です。

またお歳暮を贈り損ねてしまった場合、配送の場合には年が明けてから到着するように贈りましょう。そのときには、御歳暮ではなく「御年賀」として新年のご挨拶にするのがマナーです。また、さらに遅く1月7日を過ぎた場合には「寒中御見舞」となりますのでご注意ください。

感謝の気持ちを贈るというところが大切ですので、遅れたからといってギフトを諦めるのはもったいないです。しっかりとお渡ししましょう。また、あえてお中元やお歳暮といった時期を外してより、親密な印象を与えることもできます。

相手が喪中だけど贈ってもいいのか

お中元・お歳暮はお祝いでなく日ごろの感謝をするものですので、ギフトを渡したいお相手が喪中であっても渡して大丈夫です。逆に自分が喪中であっても贈って全く問題ないということもいえます。

ただし、お葬式が直前にあった場合、具体的には四十九日にかかるときには一度贈るのを止めておき、「四十九日法要」が終わってから贈るようにしましょう。

もしその最中に時期が過ぎてしまう場合には、「暑中御見舞い」や「寒中見舞い」として贈るのがマナーです。お相手が喪中の時には掛け紙は白無地を選んでお祝いの意味を消しておくとさらに良いです。

まずは1回だけお中元を贈るのはいいの?

お中元やお歳暮は相手との関係が変わらない限り、ずっと続けるつもりで贈るものになります。

もし、その年に感謝したいことがありお中元やお歳暮の時期に感謝のしるしとして贈りものをしたい場合には、表書きにお中元やお歳暮と書くのは止めておきましょう。

このような1回きりのつもりでギフトを考えている場合に便利なのが、「感謝」「御礼」として送り状に今年お相手にしていただいたことへの感謝を手紙としてお伝えするのが良いです。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く贈り物にぴったりです。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマン。その中でも吸水性にこだわった「1秒タオル」シリーズが人気です。

優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で幅広い層に評価されています。吸いつくような感触で最高の湯上りを感じたい方には嬉しい1枚。

使われる技術はかなりハイレベル「カサロ」「ふふら」は贈り物レベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われているので、自分にも世界へも優しい。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-ギフトの基礎情報
-, ,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.