タオル特集

タオルは白が一番!純白のオススメタオルを買うならコレ!

更新日:

毎日の生活の中で欠かせないのがタオル。最近では素材や色・柄が豊富でカラフルなものが多くなっていますが、清潔感から真っ白いタオルでなければという方もいらっしゃいますよね。

ベーシックな真っ白いタオルだからこそ、サラサラの肌触りなど使われているコットンにこだわる。そんなちょっと贅沢なおすすめの純白タオルをご紹介しましょう。

白いタオルのメリットは?

糸を使ったアイテムは贈り物として縁起がいい

白いタオル

昔から、お礼やご挨拶の品、ギフトの定番と言えばタオルですよね。これほどタオルが贈答品として人気があるは、「タオルは糸を使ったアイテム」ということです。

日本人は昔から、人間関係を「糸」になぞらえることがあります。糸と糸を結び合わせるように人と人がつながってゆく。よく見てみると「ご縁」という漢字にも糸辺が使われているでしょう。他にも運命の赤い糸などと男女が結ばれる時に例えられたりします。

人どうしの絆をを強くイメージさせるのが、タオルのような「糸」を使ったアイテム。そのため、新居に引越してきたご挨拶の品や結婚の引き出物、出産祝い、各種お返しの品としてタオルがよく使われます。特に白いタオルは、染められていないということで素直な気持ちを表現できるでしょう。

ちなみに、白いタオルは病気などの「快気祝い」にもおすすめです。これは「嫌な事を水に流す」「病気やケガを拭い去る」という気持ちが込められたお返しの品で、洗剤や入浴用品とともに白いタオルは人気・定番の品物です。

ただし、結婚披露宴などで新郎新婦からゲストに白いタオルをプレゼントするのは、お葬式などで亡くなった方の顔に白い布をかけることをイメージさせるので、昔からタブーとされていますので注意が必要。

白いタオルは実用品としても使ってもらいやすい

白いタオルは実用品

もう一つの理由が、実用品として贈った先で使いやすいことも大きな理由です。タオルはどんな生活スタイルの家でも必ず使われているものですので、何枚もらっても困りません。

慶事、弔事の贈り物に使え、年代や家族構成に関係なくお贈りできるタオルは、最強のギフトアイテム。また贈る側からすればサイズ、素材が豊富で、予算設定も簡単なので選ぶのに苦労がないのも嬉しいですね。白いタオルは相手の好みを気にしなくていいというので、困った時に最終的に選んでもらえれば間違いはありません。白いタオルは性別・世代に関係なく、喜んでもらえる万能選手ということですね。

白いタオルは汚れが目立つ

汚れが目立つというとデメリットのように感じる方もいらっしゃると思いますが、本当に清潔さを大切にするのであれば白ほど最高の色はありません。

汚れているかどうかを人の目ではっきりと判断して、交換時期にしっかりと捨てることができます。高級ホテルなどに行くと、高級感と安心感を与えるためにボリュームのある真っ白いタオルが使われているのもそのためです。本気で綺麗好きの方であれば、純白のタオルを選ぶと良いです。

真っ白なタオルおすすめ3選

真っ白にこだわるネーミングが付けられているタオルを紹介します。白いというと価格の安いものもありますが、こちらでは贈り物にできるような高品質なものを選んでいます。まずは今治タオルからオススメを選んでみましょう。

今治生まれの白いタオル

画像:今治タオルオンラインショップ

「今治生まれの白いタオル」は、2008年の発売以来、ロングセラーを続けている吉井タオルのシンプルベーシックな純白のタオルです。

綿という素材が本来持っている優しい風合いを生かしたベーシックかつ高品質なタオルは、肌ざわりの良さで大人気。インドのシャンカールという綿を使い、長い繊維だけを選んで、繊維にあまりねじれをかけない「甘撚り(あまより)」の糸にしているためにふんわり感があります。

また、「甘撚り」の繊維は洗うたびに綿が膨らみ、ボリュームが増していくのも大きな特徴です。繊維のなかに空気を含みやすくなっているので、乾燥しやすいという特長もあるんです。

お風呂あがりに使えば、まるで柔らかい綿に包まれているよう。真っ白なタオルのために清潔感があるので気分も気持ち良い。

 

フェイスタオル価格:1,296円(税込)

今治純白タオルセット

今治純白タオル

「今治純白」は、薄手の真っ白なタオルです。タオルギフトとして使われていて、肌触りは柔らかい。今治タオルブランドを取得しているので吸水性などは平均以上にあります。

注目したいのはこの白さが、業界で初のオゾンブリーチという環境に優しい薬品を使わない方法が採用されているんです。酸素を活性化させたオゾンという気体を使って漂白加工を行うために、残留物が全く残らないという利点があります。

「安心・高品質」という点で高評価でしょう。タオル地はパイルと平地を織り合わせ、適度なコシもあるのでデイリーユースでの使用になるでしょう。

素材にはシキボウの「パールロマン」というツヤとコシのある甘撚糸を使用し、ふわっとした空気感を生かしたもの。タオル地のしっとりとした心地よさを感じられてシンプルなデザインの贈り物をしたい方にはぴったりでしょう。

水布人舎 MASIRO

画像:工房織座

水布人舎(すいふとしゃ)の「MASIRO(ましろ)」は、ふわっとした肌ざわりの高級タオルです。

まるで粉雪のようなふんわりした手ざわりと白さとボリュームに特徴があります。

ボリュームがたっぷりあるのですが、手にもつと予想以上に軽い。柔らかい質感が他にはないということで女性を中心に人気の高いタオルです。

これほど軽いのは、繊維に「撚り」を極力かけない「無撚糸(むねんし)」を使っているため。無撚糸は繊維のあいだに空気をたっぷりと含むため、見た目よりもずっと軽い。また、素材にはタオルに最適と言われるアメリカ産の「サンホーキン綿」を使用されています。

細い糸を通常よりも長いスーパーロングパイルにしてから、タオルを織り上げられます。吸水性の高さは抜群で、お風呂あがりに肌にあてるだけでスッと水分を吸い取っていきます。カラーはこれまで白一色でしたが、2018年から白の他にも「ブルー」「イエローグリーン」が加わり全3色です。非常に高級感がありギフト用としても喜ばれます。

 

フェイスタオル価格:2,160円(税込)

ラネージュ フェイスタオル FRANCJOUR(フランジュール)

フランジュール
「FRANCJOUR(フランジュール)」は、上質なコットンタオルやリネンを扱う神戸・三宮のセレクトショップです。「ラネージュ フェイスタオル」は、素材にアメリカ南西部で作り出される長繊維コットン「ピマコットン」を100%使った贅沢な今治産タオルです。糸は撚りの回数を減らした「甘撚糸(あまよりいと)」で、ふんわりした厚みがあってもとても軽くて柔らかい風合い。

毛羽落ちしにくく、まるでシルクのような艶が出ます。織り柄で雪の結晶を表現したデザインもオシャレで、純白のジャガード織りのタオルがより美しく引き立ちます。

超甘撚りスクウェアジャカードフェイスタオル テネリータ

 

超甘撚りタオル
「テネリータ」は、オーガニックコットンのアイテムを発信しているブランドです。「超甘撚りスクウェア ジャカードフェイスタオル」は、織り柄でポコポコした部分を作ったタオル。

素材はテネリータの契約農場でとれた最高品質のオーガニックコットン100%を、糸撚りを甘くした「超甘撚り糸」に加工したので、なめらかな肌ざわりです。

毛羽落ちもすくなくて、吸水性は抜群。白一色のタオルにテネリータのロゴが付き、シンプルながらも華やかなデザイン。贈答用にもおすすめです。

SUPER PILE (スーパーパイル) ABYSS&HABIDECOR

スーパーパイル
「アビスアンドハビデコール(ABYSS&HABIDECOR)」は、最高級タオルやマットのポルトガル発祥のブランドです。「SUPER PILE (スーパーパイル)」は綿花の最高峰と言われるエジプト綿を国産タオルの約3倍の量も使った「世界で一番ぜいたくなタオル」。

みっちりと大量のエジプト綿を使い、ふわっとやわらかい肌ざわりが特徴です。耐久性もあるので何度もお洗濯できて、乾燥すれば再びボリュームが戻るのでふんわり。

白系統はホワイト・エクリュ・アイボリーとあり、ホワイトはとりわけ美しい純白のタオルで、ほかのカラフルなタオルと比べても引けを取らない存在感があります。

おぼろ百年の極 おぼろタオル

おぼろタオル

「おぼろタオル」は、三重県津市にあるタオルメーカー。明治41年から、自社工場内で一貫生産しており、独自のふんわりタオルを生み出しています。

「おぼろ百年の極」は、タオルに使われることの少ない細い糸「40番手」を使っているのが特徴。40番手の糸を2本同時に同時に引きそろえてパイルを作るという、「ダブルパイル製法」で織り上げたものです。

ボリューム感たっぷりですが、軽量でふんわりしています。さらに長い時間をかけて「おぼろ晒(さらし)」をおこない、目を引くような純白の美しさ。今治タオル・泉州タオルほどの知名度はありませんが、とても高品質のタオルです。

白織タオル 今治謹製

白織タオル
「今治謹製(いまばりきんせい)」は、今治タオルの伝統の「ジャガード織り」にこだわる高級タオルメーカー。「白織タオル」は、安全性の高い方法で素材の綿を純化する「今治本晒(いまばりほんさらし)」の技術で作られたタオルです。

「今治本晒」は綿花の柔らかさ・しなやかさ・吸水性の高さを引き出す製法で、さらに綿花の「白」を引き出す製法でもあります。

純白の綿糸を波型のジャガード織りにして、さらに光沢糸や銀糸を織り込み、白のもつ華やかさを表現。「木箱入りタオルギフト」としては初の「グッドデザイン賞」を受賞したこともあり、どんな方へのギフトにも最適です。

Unikko ハンドタオル マリメッコ

Unikko タオル
マリメッコ(marimekko)は、鮮やかで大胆なプリント柄が人気のフィンランドのアパレルブランド。なかでもよく知られているのがケシの花をモチーフにした「Unikko(ウニッコ)」柄です。

こちらのタオルは純白のタオル地の上に「Unikko(ウニッコ)」を織り出したフェイスタオル。吸水性の高いタオル生地にふっくらとした織り柄が乗り、白一色ですがほのかに花が浮かび上がるデザインです。

マリメッコのロゴが高級感をかもしだし、どんなインテリアのお部屋にもしっくりとなじみます。Unikko(ウニッコ)柄は好きだが、カラフル過ぎるタオルは困るという人におすすめです。

UCHINO 海島綿(かいとうめん)ジュエル

内野タオル

「UCHINO」は東京に本社のある日本のタオルメーカー。カジュアルなタオルから超高級タオルまでそろえていますが、「海島綿“ジュエル” フェイスタオル」は指折りの高級タオル。

素材に「繊維の宝石」とよばれる「海島綿(かいとうめん)」を使い、絹のような光沢やカシミアのような肌ざわりがとてもリッチです。世界一繊維が長いと言われる「海島綿」を中空糸に加工してあるので、厚みがあっても軽くて柔らか。

織り柄などのないシンプルなパイル地に、同じ白のヘムの刺繍がつき、白さがより引き立ちます。最高級品らしいつやと清潔感のあるタオルです。

 

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く贈り物にぴったりです。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマン。その中でも吸水性にこだわった「1秒タオル」シリーズが人気です。

優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で幅広い層に評価されています。吸いつくような感触で最高の湯上りを感じたい方には嬉しい1枚。

使われる技術はかなりハイレベル「カサロ」「ふふら」は贈り物レベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われているので、自分にも世界へも優しい。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-タオル特集
-,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.