タオルのコラム

手ぬぐいのお手入れ|洗濯方法と洗剤の選び方

更新日:

最近は可愛いデザインの手ぬぐいが増えており、そのまま額に入れて和風のアートのように使ったりと用途も増えてきていますね。

これまで手ぬぐいが縁遠い方も初めて購入してみたという方も多いのではないでしょうか。

今回は初めてでも簡単にできる手ぬぐいのお手入れ方法についてお伝えします。元々はタオルだけが好きだったのですが、水を吸い取るもの全般が好きだったことに気付き徐々に手ぬぐいも集め始めているという今日この頃。早速みていきましょう。

手ぬぐいを買ったらまずお洗濯

手ぬぐいを買ってそのまま保管しておきたくなる気持ちもわかるのですが、購入したらまずはお洗濯をしましょう。飾り用に使うから色落ちがイヤという方もまずは洗濯しておく必要があります。

それは手ぬぐいの染料による劣化です。特に本染めの場合に起こる現象に「脆化(ぜいか)」と呼ばれるものがありますが、糸に使われている綿が化学的に分解してもろくなってしまうんです。本染めに使われる染料としてはタオルと同様に色々ありますが、ナフトール染料・反応染料・スレン染料・硫化染料などが一般的です。この中で特に硫化染料は特に分解の反応の触媒として働くことがあるので脆化の反応が速いので要注意。

物によってはタンスにしまっておいたら新品なのにすぐに破れるような状態になるものもあるんです。

どの染料を使っているかは素人目にはわからないので、念のためすべての手ぬぐいはまず洗濯することをオススメします。

購入直後の手ぬぐいのお洗濯方法

染色によっては使い始めの色落ちが激しい場合がありますので、手ぬぐいは色移りを防止するために

「一枚ずつ」「洗剤をつかわず」「お水で手洗い」

以上の条件で洗濯をしましょう。一枚ずつというのは、例えば赤と白の手ぬぐいを一緒に洗うと白い手ぬぐいに赤の色の一部が移って黄色っぽくなったりすることがあるからです。

また、洗剤は色落ちを促進しますので最初は使わないほうが賢明です。お水で余分な染料やのりの成分を流し落とすイメージで洗います。すべての洗剤で急激な色落ちの可能性はあるのですが、特に漂白剤入りの洗剤とアルカリ性の強い洗濯洗剤は色落ちだけでなく糸の痛みも促進するのでおすすめしません。これはタオルの洗濯と同じですね。

寒い季節にお水で手洗いは厳しいかもしれませんが、お湯はNG。やはり色落ちの原因になります。デザインが細かいものの場合には色のにじみが発生して、ぼやけた柄になる可能性があります。長く綺麗な状態を保つためには最初に余分な染料をマイルドな条件で落としておく必要があります。

どうしても冷たいのが苦手な方はゴム手袋などをつけてお水に直接触らないようにするのが良いでしょう。

手ぬぐいのお手入れ(洗濯編)

洗濯機で洗うと色落ちや傷みになるのでずっと手洗いという方もいらっしゃいますが、そんな不便なものではないですよ。手ぬぐいは。脂汚れをふき取ることもあるでしょうし、何回か手洗いをして色が出なくなっていることが確認できているのであれば洗濯機での洗濯でも大丈夫です。

洗剤も中性洗剤で漂白剤が入っていないものでしたら問題なく使えます。

もちろん手洗いの無洗剤と比較したら色は落ちますが、その手ぬぐいずっと清潔なのかというのも気になりますよね。色あせてきた手ぬぐいも味があっていいじゃないですか。と私は思うのです。

使いやすくどんな用途にも使えるのが手ぬぐいのよさ。最低限の洗剤選びさえしておけば問題ないでしょう。

アクロン おしゃれ着洗剤 ナチュラルソープの香り 本体 500ml
アクロン

手ぬぐいのお手入れ(メンテナンス編)

メンテナンスはほつれのカットになります。最初のうちに長く糸が出たときにカットしましょう。横糸の部分をハサミで切断すれば大丈夫です。ずっとほつれ続けて手ぬぐいがなくなるのでは?と不安の方。

 

大丈夫です!

 

手ぬぐいのほつれは端の部分から「大体5~10mm」のところで自然に止まるようになっています。使っていくうちに破れてしまった場合には、その部分からほつれる可能性もありますが、その場合も邪魔になっている部分の横糸を切るようにしましょう。

手ぬぐいのお洗濯の注意点

直射日光は糸がいたむので破れやすくなり、色が褪せてしまうので陰干しをしましょう。

手ぬぐいはタオルと違って薄いので乾燥は速いのですが、それでもできるだけ風通しのよい場所に干してあげましょう。

 

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く贈り物にぴったりです。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマン。その中でも吸水性にこだわった「1秒タオル」シリーズが人気です。

優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で幅広い層に評価されています。吸いつくような感触で最高の湯上りを感じたい方には嬉しい1枚。

使われる技術はかなりハイレベル「カサロ」「ふふら」は贈り物レベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われているので、自分にも世界へも優しい。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-タオルのコラム
-

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.