タオル洗濯方法

タオルの室内干しをするなら絶対必要!オススメの方式の除湿機とその理由とは?

更新日:

タオルの室内干し

最近は洗濯物を室内で干すと決めている人が増えているそうです。

共働きの家が増え、仕事から帰宅した夜間に洗濯を干すとなれば、屋外に出しっぱなしよりは室内干しの方が清潔ですよね。ただし、室内干しは乾きにくいという弱点があります。特に水を多く吸収しているタオルの場合には乾かすのに時間がかかります。

タオルは室内干しをすると生乾きの臭いが発生しやすい

この問題がはっせいするのです。これを解消するためには絶対に除湿器を利用しましょう。湿った状態で室内のあたたかい場所においておくと雑菌が発生してにおいの原因になります。今回は除湿器の方式の種類と、部屋干しに最適な機種をご紹介していきます。特にタオルの室内干しのことを考えると、除湿機のタイプは最適にした方がよいです。

除湿機には3種類の除湿方式がある

除湿器は除湿方法によって3つのタイプに分かれます。「コンプレッサー式」「デシカント式」「ハイブリッド式」です。それぞれの特徴についてみていきましょう。

コンプレッサー式

「コンプレッサー式」は、室内の空気を取り込んで除湿機に入っている冷却炉で冷やして結露させ、水滴にかわった湿気を集めて乾いた空気を吐き出す方式の除湿機。コンプレッサーとは空気を圧縮する装置のことをいいます。

この方式はあまり電力を必要とせず、除湿量が多いのが特徴です。気温の高い時期は冷却炉との温度差があるために除湿能力が上がります。反対に気温が低いとあまり除湿しないという季節要因が弱点です。

デシカント式

「デシカント式」は、ゼオライトという乾燥剤に湿気を吸着させ、いったん水分を除湿器内のヒーターで温めてから、熱交換機で冷やして水滴に変えて除湿する方法。

除湿器内に冷媒を圧縮するためのコンプレッサーありません。本体が小型化でき、運転音もコンプレッサー式よりは小さくて静かなのが特徴です。ただし、本体内にヒーターがあるために消費電力が多く、夏は本体周辺が暑くなります。

ハイブリッド式

「ハイブリッド式」は、コンプレッサー式とデシカント式を組み合わせた方式です。

夏は本体が熱くならないコンプレッサー式を使い、冬は運転音が静かなデシカント式を使うことで、一年を通じて安定した除湿機能を発揮します。

消費電力もデシカント単体と比較すると多くありませんから運転コストも抑えられています。とくに夏にコンプレッサー式を採用することによって、使用中に室内の温度が上がるのを防げクーラーの邪魔をするしんぱいもありません。

除湿器を活用したいのは梅雨から夏にかけてですから、少しでもお部屋の温度はあげたくないもの。夏に除湿器を使用するなら、ハイブリッド式がおすすめです。

一年を通じて洗濯物を安定して乾かすことができるので、タオルを室内干ししたいという方にはぴったりな方式になります。

ハイブリッド式の弱点は本体が大きくなることでしょう。コンプレッサー+デシカント式という2種類の除湿方法を使うため除湿器本体はコンパクトになりにくいんですね。これから新しく除湿器を買おうという人にはおすすめです。洗濯物を干すためのお部屋を確保できている方なら間違いありません。

室内干しにおすすめで人気のハイブリッド式除湿機2選

タオルの室内干しにおすすめのハイブリッド除湿器2つをご紹介しましょう。どちらも効率よくタオルを乾燥させることができるので、快適な衣類やタオルで過ごすことができるでしょう。

パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YHSX120

パナソニックの除湿器「F-YHSX120」は、パワー充実のハイブリッド型除湿器です。独自のハイブリッド式を採用しているために、除湿機能の高さもさることながら、「ナノイーX」でお洗濯物の生乾きのいやなニオイをすばやく抑えることができます。

普通の外干しでいう太陽の光による殺菌をナノイーが代わりに働いてくれているという機能ですね。

さらにワイド送風で最大165センチ幅の風を当てられますし、風向きも自由に組み合わせられます。上下+全方向の風向きに、ワイド・スポット・ウェーブ送風を組み合わせれば、その日の洗濯物に最適な風向きを作ることができるんです。これなら、乾きにくい厚手の衣類やタオルもピンポイントで乾燥できるようになります。部屋干しでも晴れた日に乾燥させたようなすっきりとした仕上がりになります。

パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YHRX200

同じくパナソニックの除湿器「F-YHRX200」は、独自のハイブリッド方式や「ナノイーX」のスピーディーなニオイ抑制効果にくわえて「ツインルーバー」を搭載しているのが特徴です。やはり除菌できる機能は積んでおいた方が確実です。

ツインルーバーは送風口に独立した2枚の羽根があり、それぞれが違うスピードで動いて風を送っています。

2枚の羽根の動きタイミングが違うところがポイントで、ひとつの送風口からムラなく風が洗濯物にいきわたります。どの場所にある洗濯物にもバランスよく風が行くために全体がすっきりと乾燥。また、かなり除湿能力が高くなり、1日フル稼働させれば約20リットルも除湿できます。湿気の多い梅雨時には嬉しいパワーで、タンク容量も5リットルに増量。安心してガンガン洗濯物を乾かせる除湿器です。

 

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く、バスタオル・フェイスタオルなどの組み合わせ選びも楽しい。タオルラボ注目の高品質タオル。

今治タオル「sara-la(さらら)」

さらら

今治タオルの高級ブランド「sara-la」は希少な超長綿であるギリシャコットンを使った、絹のように輝くタオル。シンプルな白いタオルながら高い品質と日本風のデザインで様々な贈り物シーンで人気が出ています。

幅広い年齢層・女性向けのタオルギフトを探している方で、品質にこだわる方にオススメです。

タオルの贈り物は今治タオル。そんな定番中の定番のギフト商品の中でも、ただ今治タオルのブランドというだけでなく、最高レベルの使い心地を追求して作られたタオル。ロットナンバーでタオルを管理する品質への徹底ぶりは驚きます。

梱包の箱も和テイストで統一されていて美しい。お中元やお歳暮などの季節のご挨拶はもちろん、縁起物として結婚祝い、結婚内祝い、出産祝い、快気祝いにもぴったりです。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマンの「1秒タオル」は優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で人気です。吸いつくような感触が最高の湯上りを感じられます。

シンプルなタオルですが使われる技術はかなりハイレベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

テレビや雑誌にも取り上げられ、有名な百貨店の多くで販売されているタオル。吸水力抜群の1秒タオルは一度は試して欲しいタオル。プレゼント対応も非常に良いので贈り物の心配なしです。

-タオル洗濯方法
-,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2019 All Rights Reserved.