お風呂のコラム

【サウナのタブー】気持ちの良いサウナのための正しい入り方とマナー

更新日:

日ごろの疲れを飛ばすためにしっかりと汗をかきたいと思ったときには、サウナはとっても気持ちが良いですよね。

暑いサウナで全身から汗が噴き出すほどになれば、ストレスも身体の外に出るような感覚が味わえます。デトックスした気分。しかし、気持ちよい反面でサウナには効果的な入り方や、やってはいけないこと、マナーなどが実は多くあります。これからのサウナを快適にするためにも一度チェックしてみましょう。

サウナの正しい入り方

まずは、身体に優しいサウナの正しい入り方についてです。

サウナに入った時の基本的な入り方は、

  1. サウナで体を温める
  2. 汗をかききったらいったん出る
  3. 水風呂で手足から水をかけて身体を冷ます
  4. ゆっくりと水風呂に入る
  5. 再度サウナに入る

という順番になります。また、サウナ浴中により身体に優しい健康的な入り方とするための注意点としては以下があげられます。

  • 身体にバスタオルを巻きつけてサウナに入る
  • 座る場所は中段から上段のベンチがおすすめ
  • 汗が出きってしまうまで、あまり動かずにじっと座っている

サウナの中で身体をひねったりそらしたりとストレッチをしている人がいますが、血圧が急上昇する恐れがあるのでおすすめできません。

大量に発汗するサウナの中では、血液の水分が減って粘度が上がっているために心臓はいつもより強く動いています。大きな負担になりそうなことは止めて、サウナの中では静かにしていることが一番。

ストレッチなどは、サウナから出て水風呂で身体を冷やし心拍数などが通常に戻ってから、おこないましょう。なお、心疾患や心疾患や循環器系の持病がある人は、サウナそのものがNG。負担が大きすぎるのです。

サウナでのNG・タブー行為

飲食は絶対にNG

サウナの中ではもちろん、サウナに入る前も飲酒は絶対にダメです。サウナのタブー行為の最たるものといえるでしょう。

サウナの中にお水などを持ち込み、水分補給をしながら入っている人もいますが、サウナ中で飲んだ水分はすぐに吸収されて体内の老廃物よりも先に汗となって出てしまいます。

老廃物のデトックス効果が下がるので、水分補給はサウナが終わってからお水をとるのが正解。

またサウナ後の飲酒も気持ちは分かりますが止めておきましょう。せっかく体内の老廃物を汗とともに出してスッキリしたのですから、サウナ後は水もしくはノンカフェインの飲み物で優しく水分補給。身体をいたわってお家に帰りましょう。

15分以上、サウナに入りっぱなしはNG

サウナに入っている時間は10~15分がベストだと言われます。個人差がありますが、長時間のサウナ浴はかえって体に負担がかかりすぎるので、適度なところで切り上げるのが大事です。ビギナーは特に、サウナ効果を存分にあげようとして、がまん大会のように長時間はいっているひとがいますが、これもNG。

15分以上のサウナは身体にとって大きな負担になります。

サウナ初心者の場合は、まず5分を目安にしましょう。発汗の量には個人差があり、5分では全く汗をかかないという人もいますが、この場合はいったんサウナを出て水風呂で身体を覚ましてから、再度サウナに入ればOK。

サウナと水風呂を繰り返すことを「温冷交代浴」といい、短時間のサウナ浴でも繰り返すほどに発汗量が上がっていきます。サウナに慣れないうちは5分で切り上げ、物足りない時は5分浴を繰り返す方が良いパフォーマンスを得られます。しっかりと汗をかきたいときでも15分を目安に終了することで、身体に優しい快適なサウナ浴となります。

サウナでのマナー

最後はサウナにおけるマナーについてです。

濡れた体でサウナに入る・サウナ後の水風呂に直接入るのはマナー違反

サウナに入る時は、お風呂などで濡れた体をしっかりふき取ってから入ること。

これは一緒にサウナに入っている人に対する礼儀でもありますし、発汗を促す方法でもあります。身体が濡れた状態でサウナ室に入ると周囲が濡れてしまいますし、皮膚上の水分が蒸発するときに身体が冷えてしまい、発汗しにくくもなるのです。

入るまえにしっかりと身体を拭いておくことが大切です。また、サウナ後の水風呂も注意が必要。

サウナから上がったあとの水風呂では、最初に手足に水をかけ、そのあとで全身の汗をきれいに流してから水風呂に浸かります。これも清潔維持のマナーですが、急に冷たい水風呂に入ることで心臓に負担がかかることを防ぐ方法でもあります。自分を守るためにも水風呂を上手く利用しましょう。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く、バスタオル・フェイスタオルなどの組み合わせ選びも楽しい。タオルラボ注目の高品質タオル。

今治タオル「sara-la(さらら)」

さらら

今治タオルの高級ブランド「sara-la」は希少な超長綿であるギリシャコットンを使った、絹のように輝くタオル。シンプルな白いタオルながら高い品質と日本風のデザインで様々な贈り物シーンで人気が出ています。

幅広い年齢層・女性向けのタオルギフトを探している方で、品質にこだわる方にオススメです。

タオルの贈り物は今治タオル。そんな定番中の定番のギフト商品の中でも、ただ今治タオルのブランドというだけでなく、最高レベルの使い心地を追求して作られたタオル。ロットナンバーでタオルを管理する品質への徹底ぶりは驚きます。

梱包の箱も和テイストで統一されていて美しい。お中元やお歳暮などの季節のご挨拶はもちろん、縁起物として結婚祝い、結婚内祝い、出産祝い、快気祝いにもぴったりです。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマンの「1秒タオル」は優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で人気です。吸いつくような感触が最高の湯上りを感じられます。

シンプルなタオルですが使われる技術はかなりハイレベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

テレビや雑誌にも取り上げられ、有名な百貨店の多くで販売されているタオル。吸水力抜群の1秒タオルは一度は試して欲しいタオル。プレゼント対応も非常に良いので贈り物の心配なしです。

-お風呂のコラム
-

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2019 All Rights Reserved.