お風呂のコラム

浴槽の掃除方法を知りたい!汚れの種類と簡単にきれいにするオススメの洗剤を教えます

投稿日:

毎日使うお風呂の浴槽は、汚れが目につきやすいところです。

しかし浴槽の汚れは1種類の単純なものではなく、汚れの原因ごとにお掃除方法を変えなければキレイに汚れを取ることができません。

浴槽につきやすい汚れの種類とそれに対する効果的なお掃除方法をご紹介していきます。正しいお掃除方法やお掃除アイテムを使うことで、きれいな浴槽を簡単にキープできるので勉強してみてください。

浴槽の汚れは大きく2種類

浴槽のガンコな汚れ「水垢」

浴槽の汚れのトップはなんといっても「水垢」です。水垢は水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが固まったものです。

お風呂場の鏡が徐々に曇ってきますが、これも水垢が鏡のガラス表面に付着したもの。

水道水のミネラル分は水と一緒に蒸発しませんから、お風呂場の中にはミネラルだけが残り、硬くなります。これが水垢です。つまり水垢とは「金属質の汚れ」のために、ブラシでこすったくらいでは落ちないのが困ったところです。

浴槽のガンコな汚れ「湯垢」

もうひとつ浴槽の汚れで落としにくいのが「湯垢」です。水垢が金属質の汚れだとすると、湯垢は「皮脂汚れや皮脂をエサにして繁殖した雑菌」のことです。

原因が皮脂や細菌ですから、湯垢は言ってみれば有機的な汚れで、硬くはなくてヌルっとしています。洗い落とせばすぐにキレイになりますが、湿気の多い浴槽内では次々に発生しますから、お風呂を使うたびにこまめなお掃除をする必要がある汚れです。

浴槽の具体的な掃除方法

「水垢」のお掃除方法

水垢と湯垢はそれぞれ正体が違いますので、お掃除方法や効果的な洗剤が違います。汚れの種類によって洗剤を使い分けなければ、どれだけ一生懸命あらっても浴槽はきれいになりません。

「水垢」の場合、洗剤は「酸性洗剤」を使うのが最も効果的。

ミネラル系・金属質の汚れは中性洗剤ではきれいになりません。とはいえ、酸性洗剤は種類が少なく見つかりにくいという場合は、手軽に購入できるクエン酸を使ってみましょう。

クエン酸を使ったお掃除方法

浴槽のざらつきがある部分にクエン酸水をスプレーし、ラップでおおって 2〜3時間待ちます。

ラップでおおっておくのは、クエン酸水が蒸発してしまわないようにするためで、ラップがなければビニールシートのようなものでもかまいません。

あとはラップを剥がして、ブラシなどでこすり落とせばすっきり落とすことができます。

「湯垢」のお掃除方法

ぬるっとした「湯垢」にはアルカリ性の洗浄成分を使うのが効果的です。アルカリ性にはたんぱく質を分解する作用があるんです。

湯垢は皮脂汚れや細菌の繁殖による酸性の汚れですから、弱アルカリ性の重曹が汚れをすっきりと落とせる洗剤。湯垢には「重曹のつけおき洗い」がおすすめです。重曹をいれて一晩おいておくのがコツという、ラクラクお掃除です。家族全員がお風呂に入った後の残り湯に重曹を入れ、一晩そのまま放置するだけで湯垢が綺麗に落ちていきます。

重曹を入れる目安は、一般的なファミリー用浴槽サイズで計量カップ1杯分くらい。重曹を入れたら風呂蓋をして、翌朝になったら浴槽の湯を抜いてスポンジで洗うだけです。とくにスポンジでごしごしと洗う必要もなく、ふつうに洗えば湯垢汚れもすっきりします。最後にシャワーの水で浴槽全体をきれいに洗い流せばおしまいです。簡単ですが、湯垢には効果の高いお掃除方法です。

浴槽掃除のはどれくらいの頻度で洗う?

さて、毎日使う浴槽は、こまめに洗うのがいいと思っていてもなかなか時間が取れないものです。

いったい他の人はどのくらいのペースで浴槽掃除をしているものでしょうか。

アンケート調査を行ったところ、30%の人が「毎日」浴槽を含むお風呂掃除をしているということが分かっています。

ついで、週に2~3回、週に1回と中には毎日ではないという方も多くいるよう。つまり、最低でも週に1回は浴槽・お風呂場の掃除をしているという人がほとんどで、それ以下のお掃除ペースの人はよほどお風呂に入る回数が少ない・ほとんどシャワーで済ませているという人のようです。

衛生面から言えば、お風呂を使ったらもちろん毎回浴槽を洗ったほうがいいです。

毎日こまめに洗う方が浴槽に汚れがたまらないので、簡単なお掃除で清潔度を維持できます。めんどうと思うかもしれませんが、浴槽洗いを習慣にして、快適で清潔なお風呂生活を続けていきましょう。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く贈り物にぴったりです。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマン。その中でも吸水性にこだわった「1秒タオル」シリーズが人気です。

優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で幅広い層に評価されています。吸いつくような感触で最高の湯上りを感じたい方には嬉しい1枚。

使われる技術はかなりハイレベル「カサロ」「ふふら」は贈り物レベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われているので、自分にも世界へも優しい。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-お風呂のコラム
-

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.