タオルレビュー

【タオルレビュー】水布人舎(すいふとしゃ)のハニカムタオル使ってみた

更新日:

美しいもじり織りのストールや色々な使い方ができる帽子が人気の「工房織座」さんのタオルを購入してみました。タオルは専門のブランド「水布人舎(すいふとしゃ)」から販売されているんですね。

単なるパイルのタオルとは違う、他にはないものを探している方にとって非常に嬉しいアイテムが揃っています。現時点で5アイテム

今治「工房織座」独特のテイストは古き良き伝統の製造機で生まれていた

今治市の中心から車で30分、鈍川温泉へ向かう途中の山間部に位置する(株)工房織座。100年以上前の足踏み織機を使って味わい深いストールを製造していることで有名なこのお店。あえて波打つような編まれ方をし ...

続きを見る

今回は工房織座のタオルを購入したので、そちらについてどんなさわり心地なのかなどレビューしていきたいと思います。選んだタオルは、

「ふっくらコットンの編み織りハニカム」

購入したのは工場見学の案内をしてくださった女性のオススメということもありました。使うほどに柔らかくなるらしいです。滑らかなセーターのような温かい素材感で、購入した時点でも十分に柔らかいというのに。気になりますよね。

工房織座のハニカムタオルの評価

ハニカム?ハニカム構造ってなんだか聞いたことあると思っても、自信が無かったりします。

ハニカム構造は英単語にするとちょっとわかるかも。英語では「Honeycomb」です。「ハニーのコーム」です。そう、ハニカムとは英語で「ミツバチの櫛(=蜂の巣)」という意味になります。正六角形が敷き詰められた形です。こんな感じ。

私は元々理系の研究者だったのですが、このハニカム構造は非常に強固であるといわれている形状なんです。それがタオルとなると、しっかりと弾力のあるさわり心地になるんですから不思議ですね。

おそらく、ただハニカム織りしただけだと柔らかさは感じにくいと思うんです。おそらく開発した方が糸を柔らかく作ってくれているんだなぁと感じました。柄は空に浮かぶ雲のようなものです。

実はこの柄は夕凪の瀬戸内海の水面をモチーフにしたものらしいです。ハニカムだけでなく、編み織りを組み合わせて作られている模様ですね。ハニカム部分は弾力とタッチの優しさを、編み織り部分が通気性を確保すると言う設計でしょう。デザイン性に優れたタオルだなと実感しました。

水布人舎のタオルは一般的な今治タオルのブランドタグは付いていません。その代わり「SUIFUTOSHA」とナチュラルな雰囲気のものがつけられています。自然と共存するというテーマを持っているだけあって、こちらの方がギラギラしていなくて嬉しい方は多そう。

ホワイトとエクリュの2種類です。私が購入したのは脱色していない優しい色合いのエクリュです。

ふっくらコットンの編み織りハニカムを詳しく調べてみました

タオル評価
さわり心地 ゴワゴワサラサラ
吸水性 遅い早い
やわらかさ しっかりゆるゆる
弾力 ぎちぎちふわふわ
糸くず 出る出ない

やわらかさ

織り方のために87.6gとやや重めです。ご存知の通り使っている糸が多いということで保水力は期待できます。さわり心地も無撚糸を使っているためさらっとしています。

弾力

弾力は一般的なパイルのタオルの評価とは別に準備しなければという印象です。パイル地のタオルは柔らかくふわっとしているものは、コシがないのが一般的ですが、ハニカムのタオルは弾力はあるのに硬くないんですよね。非常に面白いです。

※なぜか写真のタオルは一部青く見えていますが、天気の良い日に撮影したため青空の影に色が付いているように見えちゃいます。本物は綺麗なナチュラルホワイト一色です。

糸くず

織り方が特殊であるのと、織りの強さが適当なため思っているほど糸抜けしないです。また、材料も上質なものを使っているのがわかる、嫌な毛羽立ちも少ないです。使うほどに柔らかくなると作っているプロフェッショナルに言わせるだけあり、十分な耐久性もありそうです。

ハニカム織り部

編み織り部

水布人舎の注意書きより

ワッフルやハニカム組織の織物は、糸を引っ掛けやすくなっている部分があります。
引っ掛けた場合は、その部分を切らずに、引っ掛けた糸の上下(たて糸)もしくは左右(よこ糸)をピンセットなどで引っ張って整えると直ります。

白・淡色のものは他の洗濯物から色移りする場合があります。濃色のものとは一緒に洗わないでください。

 

今回紹介したタオルの動画がありました。癒されます。

 

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く贈り物にぴったりです。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマン。その中でも吸水性にこだわった「1秒タオル」シリーズが人気です。

優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で幅広い層に評価されています。吸いつくような感触で最高の湯上りを感じたい方には嬉しい1枚。

使われる技術はかなりハイレベル「カサロ」「ふふら」は贈り物レベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われているので、自分にも世界へも優しい。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-タオルレビュー
-,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.