タオルレビュー

IKEUCHI ORGANIC「バンブー 540」自然由来原料と有機栽培のコラボタオル【口コミ】

更新日:

IKEUCHI Bamboo540

IKEUCHI ORGANIC「バンブー540」とは?

池内タオル

IKEUCHI ORGANIC(池内オーガニック)の「バンブー540」は、有機栽培されたオーガニックコットンとバンブーレーヨンを使ったタオル。

通常のコットンよりも吸水性の高い「竹繊維(バンブー)」由来のバンブーレーヨンを37%配合することにより、オーガニックコットン100%で作られたタオルより高い吸水性を出しているタオルです。

バンブー540は15年前にIKEUCHI ORGANICと東レと共同開発したタオルをアレンジしたもの。実は海外でも人気が出ているシリーズになります。

バンブーを加えるメリットは、吸水力の向上と、しなやかで軽いタオルになるということ。

さらに、タオルでよくある悩みの1つですが、洗濯を繰り返すとふんわりした風合いがなくなってしまうことがありますよね。実は竹繊維から作られたバンブーレーヨンの含水量のおかげで洗ってもふんわりした風合いが長持ちするのです。

素材は細めの40番手の双糸であるオーガニックコットン63%に、20番手の単糸のバンブーレーヨン37%。

フェイスタオルのサイズは35cmx80cm。カラーバリエーションは、ボルドー、エメラルド、ゴールド、グリーン、カーキ、ネイビー、オレンジ、バイオレットの8色。IKEUCHI ORGANICの中では最も色鮮やかなシリーズとなります。

IKEUCHI ORGANICのブランド歴史

画像:IKEUCHI ORGANIC公式

IKEUCHI ORGANICは、最大限の安全と最小限の環境負荷で製品を作るトータルオーガニックテキスタイルカンパニーです。1953年にタオルの街として知られる愛媛県今治市に創業。

IKEUCHI ORGANICは、全製品がエコテックス規格100のクラス1をクリアしており、「赤ちゃんが口に含んでも安全」という基準でタオルづくりをしています。

くわえて、2073年までに“赤ちゃんが食べられるタオルを創る”という、新たな安全基準を会社の行動指針の設定にしています。そんな、食べられるタオルを目指す会社だからこそ、2015年に食品工場の安全基準であるISO-22000を取得済みです。これはすごい。

タオルにもかかわらず安全性は基準HACCPに則って、池内オーガニックのタオルは生産されています。

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

引用:厚生労働省

安全にこだわるIKEUCHI ORGANICでは、企画から縫製、検品、品質管理まで一貫してタオル製造を管理します。消費者にタオルが届くまで、妥協のないモノづくりとして評判が高いのもうなづけます。

使われる綿は、すべて遺伝子組換えではなく、

3年以上農薬を使用していない畑で収穫されたオーガニックコットンとなります。

また、環境負荷を最小限におさえるため、製織工場の使用電力100%を風力発電で間接的に賄うグリーン電力証書システムを利用しています。

IKEUCHI ORGANIC「バンブー540」評価

軽くて柔らかい、そしてしっとりとした肌触り特徴。

バンブーレーヨンはコットンよりも軽くしなやかであるため、同じサイズのコットンタオルと比べると軽めの重さ。

使ってみると取り回しが良いと感じられるでしょう。バンブーレーヨン含有量が多い分、ふんわりした、軽くてやさしい肌触りが特徴です。2色の色の糸が使われており、遠めにみると非常に色に深みが感じられます。

この点はちょうど、Hippopotamus(ヒポポタマス)のタオルと似ている部分があるかもしれません。

池内オーガニック バンブー 540 の口コミ

20代女性
TVで見て気になって購入しました。洗濯前にはふわふわきゅっきゅとした触り心地。洗濯後をするときゅっとした感触は減って、ふわふわ感が増しました。吸水性は評判の通り。あとはこの使いごこちが長持ちするようならリピートしたいと思っています。
30代男性
綿100%のタオルよりも吸水性はよかったです。ただ、お水を吸水するがゆえのものか、普通のタオルと比較すると若干乾きにくい印象かな。

まとめ

IKEUCHI ORGANICのタオルは「風で織るタオル」の愛称で高い信頼性と安全性で親しまれています。

バンブー540に使われているバンブーレーヨン自体は竹繊維こそ使っているものの、一応合成繊維になります。この点を理解した上で問題ないようでしたら、触り心地や吸水性など高いタオルになっているようですので自宅用に使っても良いでしょう。

バンブーレーヨンを使うと染めたときの発色が良くなるそうで、色鮮やかなタオルが欲しい方には特にオススメです。

 

フェイスタオル価格:2,970円(税込)

 

 

ヒポポタマスから2019年春限定色のフェイスタオルをいただきました【口コミ&レビュー】

Contents1 ヒポポタマスのタオルとは?1.1 材質の特徴2 ヒポポタマスの2019年の限定色は発売3 ヒポポタマスの限定色フェイスタオルを使ってみた4 ヒポポタマスのフェイスタオルの評価5 ヒ ...

続きを見る

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザインもカッコ良く、手に取ったらすぐに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地とデザインが抜群に良く、ギフトセットは黒く可愛い箱に入ってセンスが光ります。ギフトセットの種類も多くて贈り物にぴったり。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

TRUE TOWEL(トゥルータオル)

TRUE TOWELは今治タオルのなかでも、多くの高級ホテルのタオルを手掛けるメーカーのオリジナルブランド。

見た目が美しいタオルで手に取った瞬間に良いものとわかるインパクトがあります。幅広い年代に使えるタオルギフトになります。

TRUE TOWELは「SUGOI」「HOTEL」シリーズから選べ、どちらも国内最高レベルの綿100%タオルになっています。

自宅に居ながらホテルや高級スパにいるような贅沢感と肌触りのよさを感じられるでしょう。希少性の高いブランド綿は一度は手にとって実感して欲しい、そんなタオル。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われていて世界へも優しい自分に。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-タオルレビュー
-,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.