もけもけ タオル

いろいろ

もけもけのタオルについて考える|ふわふわとはちょっと違う絶妙ニュアンスタオル

PC記事上

もけもけのタオルは気持ちいい。なんともいえないこの感触は他の言葉ではなかなか表現しにくいものです。

ふわふわ、もふもふといったエアリー感だけではない、あの優しくも温かい感触。

調べてみると、もけもけという表現は広辞苑にも掲載されていないかなりマイナーな日本語表現のようです。タオルだけでなく、ぬいぐるみなどにも「もけもけ」を使う方は結構いそうなのですけどね。

もけもけってどんな意味

もけもけという表現は、近年になって生まれたもの。辞書にも載っていないこともあって、人によって思っている感触が違う可能性もあります。

ここで、タオルラボがもけもけの定義を表現してみると、

対象物の表面が短い毛羽立ちになっていて、触れると薄い空気の層があるように感じる感触

長く着ている部屋着などが、新品にはない優しい感触になるのを感じたことはあるでしょうか。柔らかいのだけれど、新しいものにはないくったりとした感触。さらに肌触りを確かめてみると何とも言えない滑らかさが出ている状態。もけもけとは、まさにその肌触りを表現したものと考えます。

柔らかいフェルトやベルベット生地、やわらかい毛布などもこの感触に近いですね。

それでは、もけもけ感触のタオルについてお伝えしていきましょう。

もけもけタオルの代表格はマイクロファイバー

もけもけ感触を感じられるタオルの代表としては、マイクロファイバーのタオルがあります。

マイクロファイバーとは、化学的に合成された高機能樹脂繊維。ナイロンやポリエステルという素材が使われていいます。

繊維の太さが非常に細く、その太さは8マイクロメートル以下。人間の髪の毛の100分の1いう細さの繊維のことを指します。

マイクロファイバーのさわり心地

マイクロファイバーのタオルの感触は薄い毛羽を感じる優しい肌触り。もっちりしていていますし、好きな人にはたまらない感触となるでしょう。

ただ、コットンのタオルと比べると、触れたときに引っかかる感触があります。

繊維の表面が綺麗に整いすぎていて、抵抗が大きくなっているのかもしれません。

吸水性も良いとされますが、肌に触れてすっと吸う感触はコットンの方が上。身体に付いたお水を拭き取るときの心地よさを感じるのであれば、マイクロファイバーのタオルも視野にいれましょう。

使い込んだガーゼタオルも「もけもけ」感触に育ちます

パイルがなく、肌触りの優しさで女性に人気のあるガーゼタオルもモケモケを感じやすいタオルになります。

ガーゼタオルは平織りされた生地を重ね合わせられて作られているために表面は滑らか。

タオルを使い込んで、ちょうどよく糸が毛羽立ってきたころに「もけもけ」感のある優しいさわり心地になります。

パイル地のタオル系ならこのタオル!

コットン100%のパイル地タオルでも、もちろん使い続ければモケモケ感は出てきます。そのため、耐久性があるタオルを選んで長く使えるという視点で選ぶことが大切。

ただ、購入してすぐにもけもけ感触のタオルというのも、中にはありました。

OLSIA「CITY」

OLSIAは今治のタオルメーカーが届ける、今女性に人気のタオルブランドです。オーガニックや優しい風合いが魅力のこのブランドですが、やはりすべて他では見ないような色合いのタオルが魅力的です。

しかもデザインというだけでなく、CITYに使われているのは高品質のスーピマコットン。しかも、オーガニックのものが使われます。

スーピマオーガニックコットンは、コットンの繊維の長さが35mm以上とかなり長い品質の良い綿花で、出来上がったタオルは滑らかな触り心地がします。

一般的にオーガニックコットンは油分が多く含まれているのでタオルに向かないとされているんです。

ただ、このCITYシリーズは、それがちょうど肌に優しい印象を感じさせるものに使われているようでした。しっとりとした感触に拭き上がる感じです。

新品の状態でも、糸繊維が表面に出ているので購入してすぐに「もけもけ」の感触になりました。

普通これだけ繊維が出ていると、どんどん毛羽落ちでへたりそうですが、数回洗濯したあとは比較的おちついています。

タオル情報
バスタオル 4,400円(税込)(61cm×120cm)
フェイスタオル 2,200円(税込)(34cm×85cm)
ハンカチタオル 880円(税込)(20cm×20cm)
特徴 サラフワの軽さ際立つ繊細なタオル
タオルブランド 今治タオル
詳細確認

比較的薄手のタオルなので、モッチリよりも手触り重視の方にオススメできるタオルになります。

まとめ

今回は数あるタオルの感触のなかでも「もけもけ」感を感じられるタオルについて紹介しました。

マイクロファイバーを触ったときの柔らかな感じは良いのですが、個人的には化学繊維であることと触ったときに指に引っかかる感触がどうも苦手。

できればお気に入りのコットン100%のパイル地のタオルを購入して、大切に使い続けることで自然にもけもけになるようにするのが良いでしょう。

お洗濯の方法を正しくして、臭いなどが付かないようにメンテナンスしてあげることが大切です。

 

こちらもCHECK

ゴワゴワ タオル
【保存版】タオルのメンテナンス|使ってゴワゴワになったタオルを元通りにする方法

タオルは正しい使い方をしていても徐々にゴワゴワになってしまいます。 今回は使っているうちにゴワゴワになってしまったタオルや雑菌の香りがついてしまったという方のための手順を紹介します。 私は長く企業で研 ...

続きを見る

総合のランキング

おすすめタオルTOP3

TRUE TOWEL(トゥルータオル)

TRUE TOWELは今治タオルのなかでも、多くの高級ホテルのタオルを手掛けるメーカーのオリジナルブランド。

見た目が美しいタオルで手に取った瞬間に良いものとわかるインパクトがあります。幅広い年代に使えるタオルギフトになります。

TRUE TOWELは「SUGOI」「HOTEL」シリーズから選べ、どちらも国内最高レベルの綿100%タオルになっています。

自宅に居ながらホテルや高級スパにいるような贅沢感と肌触りのよさを感じられます。

希少性の高いブランド綿を使った本物のタオル。一度は手にとって実感して欲しい、そんなタオルになります。

 

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザインもカッコ良く、手に取ったらすぐに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地とデザインが抜群に良く、ギフトセットは黒く可愛い箱に入ってセンスが光ります。ギフトセットの種類も多くて贈り物にぴったり。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

 

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアでも高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるアイテムばかり。

OLSIAの「Premium Cotton」はふれるだけでやさしい風合い。

素材は天然の油分を含んだ柔らかいオーガニックコットンが使われています。

繊維の強度ギリギリ限界の甘撚りで織り上げられ、コットンの魅力を最大限に引き出されているタオル。肌触りはふわふわな感触は、お肌が弱い方でも安心です。女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いはないです。

 

ランキング

タオルラボの目次

タオルを選びのイメージがある場合にご利用ください。
特徴別で探す
ふわふわ 毛羽落ち少ない オーガニック綿
木箱入り 肌にやさしい マイクロファイバ
和紙タオル 残糸タオル ワッフル
ジャカード さらさら 無撚糸
シャーリング リネン メランジタオル
中空糸  大きめバスタオル 大きめフェイス 
ループ付き フード付き(子供) フード付き(大人)
ラップタオル  銭湯タオル クールタオル 
身長計タオル 粗品タオル バンブーレーヨン
バイカラー 三河木綿

性別・年代別で選ぶ

タオルは洗顔料やお化粧品などと同様に男女や年代で好まれるタオルが違う場合も多いです。年代別にタオルに出会うヒントとして参考にしてください。
特徴別で探す
女性向け 男性向け 赤ちゃん用
10代向け 20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

ランキング特集

贈り物として使いやすいタオルのランキング

さらにタオルラボで特に注目度の高いタオルの特集記事
特集記事と解説
ふわふわタオルのランキング 上質なタオルといえば、エアリー感のあるふわっふわのタオル。さわり心地の良さの評価でトップクラスのタオルのランキング特集記事です。
毛羽落ちが少ないタオル特集 お洗濯をしてホコリがたくさん出る現象「毛羽落ち」。使われる糸に工夫があったり、コットンの品種などで防ぐことができるのですよ。
amazonで購入できるタオルギフト 大手ショッピングサイトのamazonで贈り物対応ができるお店の選び方とオススメのアイテムを紹介。信頼できるお店の特集。

-いろいろ
-