残糸タオル

タオルレビュー

TANGONO「残糸でつくったエコなタオル」は他の残り糸と○○が違う【口コミ&レビュー】

PC記事上

残糸でつくったエコなタオルってどんなタオル?

このタオルの特徴
おうち向き コンパクト 薄手のタオル

※タオル特徴アイコンの説明をご覧になる方はコチラ

 

TANGONOの残糸でつくったエコなタオルとは?

今治に工場がある日常使いにぴったりのタオルを販売しているブランド「TANGONO(タンゴノ)」。

その工場で使われたコットン100%の糸の余りを利用して作られるのが、残糸タオルになります。

タオルメーカーでは、タオル製造が途中で止まらないように、長めの糸を準備するのが一般的。問題なく製造が完了すると、保険のために余分にとっておいた糸が余ってしまうのだそうです。

「残糸でつくったエコなタオル」は、その名の通り糸を無駄遣いしないようにと考えられた環境に優しいタオルなのです。

TANGONOの残糸タオルの評価

残った糸だからB級品という認識は、このタオルに関しては間違いです。

良質な今治タオルブランドに耐えられるほどの糸が使われているのです。普通に購入できる安めのタオルよりも、さわり心地だけでも良質さを感じられます。

残糸でつくったエコなタオルの特徴は?

TANGONOの残糸タオルのなかでも、今回は「フェイスタオルの色柄おまかせセット」を購入しました。

このタオルは他社で販売されている、残糸とは異なる特徴があるのです。

ブロックのようなパターンが可愛い

それがこのデザイン。残糸というと、ストライプ柄が基本。

TANGONOの残糸タオルは、ある程度の幅を持たせて表裏交互に長方形のパイルが出るように工夫されて織られています。

比較的白い糸も多く使われていて、明るい印象ですね。

ストライプ

色柄お任せセットの5枚のうち、3枚はストライプ柄でした。紫、水色、緑などと白の太めのストライプ柄です。色もランダムでしょうから、他の色もあると思います。

くじ引き感もあって楽しいですね。

織りのパターンの種類が色々あるのがTANGONOの残糸タオルが他のメーカーと違う部分のひとつです。

パイルの裏側はどうなってる?

ストライプの柄は両面総パイル織りなのですが、ブロックの柄はパイルの裏側はパイルが出ない「部分パイル&ガーゼ」。この特殊な織りのパターンのおかげで、モコモコっとした感触になっています。

ちなみにヘム&ミミはどちらのデザインもスタンダードなタイプです。

タオル情報
フェイスタオル5枚 3,300円
バスタオル3枚 3,600円
タオル製造会社 (株)丹後
備考 薄手でキッチンタオルに使いやすい

フェイスタオルですと1枚あたり660円、バスタオルでも1,200円で購入できます。今治タオルが作れるレベルの糸を使ったタオルが入手できるとあって、コスパは上々。ただ、薄手なので使用する用途はある程度限られます。

薄手ですが、案外保水してくれるのでちょっと乾きにくい印象です。キッチンの手拭用として使い始めたのですが、繰り返し利用でやや臭いが付きやすいです。

コンパクトになるところを使って、子供に持たせたり、お出かけ用のタオルとして活躍すると思います。

 

詳しくはコチラ

残糸でつくったエコなタオルを詳しく調べてみました

タオル評価
さわり心地 ゴワゴワサラサラ
吸水性 遅い早い
やわらかさ しっかりゆるゆる
弾力 ぎちぎちふわふわ
糸くず 出る出ない

さわり心地

パイル密度が低いためか、表面は適度にざらつきを感じます。

ストライプで評価しましたが、ブロックデザインのものは表面が凸凹しているのでさらに手触りの抵抗は大きいです。

吸水性

このタオルは糸の糊が残っているタイプ。洗濯前の吸水力はほぼゼロ。

洗濯をしてから吸水確認したところ、吸水速度は速いです。

ただ、吸水量的は使われているコットン量が少ないために期待できません。髪を拭くような用途ではタオルのベチャ感が気になります。

やわらかさ

乾燥状態で75.8g。エアリー感のあるタイプのタオルです。軽さがあるので、持ち運びに便利です。

弾力

薄手のタオルでパイル密度も低め、弾力は小さいです。コンパクトにまとめられるので収納も圧迫しません。

糸くず

パイルの大きさや密度が均一になっているのが確認されています。

パイル密度は低くて短めとあって、薄手のガーゼタオルのような感覚に近いです。糸の色は綺麗ですよね。

この日私は手が結構荒れていて、指の皮に引っかかって上のように糸を引き出してしまいました。割と甘めになっているのか、パイルの強度はそこまで高くないのかもと感じます。

他メーカーの残糸タオルとのその他の違い

残糸タオルはネット通販で購入できるものがいくつかあります。その中でも国産のものと考えると

これらがあります。上の写真の左が「リバイブ」、中央「ECOストライプ」、右が「残糸でつくったエコなタオル」になります。

色調からみた残り糸の特徴

これまでに我が家に届いた3種類の残り糸タオルの色を確認すると、リバイブが最も濃い色の糸が濃くてストライプが細かったです。

最もポップなのが、TANGONOの残糸タオルでした。

厚みからみた残糸タオルの特徴

3つのタオルシリーズの厚みを比較すると

リバイブ>ECOストライプ>残糸でつくったエコなタオル

の順でした。ちなみにタオルのしっかり具合いもこの順になります。薄いTANGONOのエコなタオルが最も空気感があります。

まとめ

【今治産の見た目がポップな薄手タオルは普段使いにぴったり】

数ある残糸タオルの中でも、今治タオルを作れるだけのメーカーが余った糸で織り上げるタオルです。

薄手のタオルで、保水力は少ないものになりますが色が可愛く、おうちが華やぎます。セット購入はどんなデザインが入っているのか、その都度違うという福袋的な楽しみもあります。

デザインがポップで可愛いので、子供がお出かけするときのタオルとして使いやすいでしょう。

 

詳しくはコチラ

 

総合のランキング

おすすめタオルTOP3

TRUE TOWEL(トゥルータオル)

TRUE TOWELは今治タオルのなかでも、多くの高級ホテルのタオルを手掛けるメーカーのオリジナルブランド。

見た目が美しいタオルで手に取った瞬間に良いものとわかるインパクトがあります。幅広い年代に使えるタオルギフトになります。

TRUE TOWELは「SUGOI」「HOTEL」シリーズから選べ、どちらも国内最高レベルの綿100%タオルになっています。

自宅に居ながらホテルや高級スパにいるような贅沢感と肌触りのよさを感じられます。

希少性の高いブランド綿を使った本物のタオル。一度は手にとって実感して欲しい、そんなタオルになります。

 

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザインもカッコ良く、手に取ったらすぐに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地とデザインが抜群に良く、ギフトセットは黒く可愛い箱に入ってセンスが光ります。ギフトセットの種類も多くて贈り物にぴったり。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

 

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアでも高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるアイテムばかり。

OLSIAの「Premium Cotton」はふれるだけでやさしい風合い。

素材は天然の油分を含んだ柔らかいオーガニックコットンが使われています。

繊維の強度ギリギリ限界の甘撚りで織り上げられ、コットンの魅力を最大限に引き出されているタオル。肌触りはふわふわな感触は、お肌が弱い方でも安心です。女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いはないです。

 

ランキング

タオルラボの目次

タオルを選びのイメージがある場合にご利用ください。
特徴別で探す
ふわふわ 毛羽落ち少ない オーガニック綿
木箱入り 肌にやさしい マイクロファイバ
和紙タオル 残糸タオル ワッフル
ジャカード さらさら 無撚糸
シャーリング リネン メランジタオル
中空糸  大きめバスタオル 大きめフェイス 
ループ付き フード付き(子供) フード付き(大人)
ラップタオル  銭湯タオル クールタオル 
身長計タオル 粗品タオル バンブーレーヨン
バイカラー 三河木綿

性別・年代別で選ぶ

タオルは洗顔料やお化粧品などと同様に男女や年代で好まれるタオルが違う場合も多いです。年代別にタオルに出会うヒントとして参考にしてください。
特徴別で探す
女性向け 男性向け 赤ちゃん用
10代向け 20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

ランキング特集

贈り物として使いやすいタオルのランキング

さらにタオルラボで特に注目度の高いタオルの特集記事
特集記事と解説
ふわふわタオルのランキング 上質なタオルといえば、エアリー感のあるふわっふわのタオル。さわり心地の良さの評価でトップクラスのタオルのランキング特集記事です。
毛羽落ちが少ないタオル特集 お洗濯をしてホコリがたくさん出る現象「毛羽落ち」。使われる糸に工夫があったり、コットンの品種などで防ぐことができるのですよ。
amazonで購入できるタオルギフト 大手ショッピングサイトのamazonで贈り物対応ができるお店の選び方とオススメのアイテムを紹介。信頼できるお店の特集。

-タオルレビュー
-, , ,