タオルギフト関連

年賀タオルは粗品タオルでいい?心をこめるなら国産最高峰の今治産がベスト

PC記事上

お年始のご挨拶には、社名入りのタオルを贈るということも多いでしょう。

会社でなくとも個人でお店をしている方も、年始のご挨拶で一年ごひいきにしてもらうためにしっかりとしたご挨拶をお得意様にはしておきたいものです。

年賀タオルはご挨拶の品ということで、粗品ランクのタオルでいいと思うかもしれません。ただ、多くの方が普通のタオルを使う中で、ちょっとこだわりをもった年賀タオルを持っていくことでお客様に自社の名前を強く印象付けることもできるんです。

心をこめることでチャンスは広がります。今回はより上質な年賀タオルを贈ることができるお店を紹介していきます。

年賀タオルの意味と贈る時期

年賀タオルは年始に顧客や親しい人に対して感謝の気持ちを伝えたり、自分の会社をアピールするためのアイテムとして活用されています。

年賀タオルの歴史について

年賀タオルの意味を考えますが、まずはそのルーツ。実は江戸時代にまでさかのぼるといいます。

当時の落語家や力士が、常連客に感謝の気持ちを込めて手ぬぐいを新年に配っていたのが年賀タオルの始まりなのです。手ぬぐいには家紋や図柄が描かれていたと言われています。

その後、商人もお客に対する感謝のしるしとして、手ぬぐいを配るようになりました。また、名刺代わりに手ぬぐいを渡す商人も存在しました。そして明治時代になると、西洋文化が日本に入ってくるようになり、手ぬぐいがタオルに変わるようになりました。

現在も江戸時代からの風習は受け継がれており、自社の名前やキャッチコピー、イラストなどが入ったタオルを、年始に顧客に対して贈る企業が存在します。ただ、現在は顧客に対する感謝の気持ちを表すものとしてだけでなく、自社を宣伝することを目的として年賀タオルを贈る企業も存在します。

年賀タオルを贈るタイミング

年賀タオルをお贈りするタイミングは、仕事始めの日から1月15日までが目安です。1月15日までを松の内としている地域も少なくありませんから、15日までは年賀タオルを持参してご挨拶しても問題はないでしょう。

ちなみにこの年賀タオルは関東地方で多く行われる慣習で、実は関西地方ではあまり行われていないそうです。

年賀状に比べると馴染みの薄い年賀タオルですが、何度でも繰り返し使えるタオルは、贈られた側からすると非常に喜ばしいものですね。

年賀タオルの選び方

年賀タオルを成功させる4つの視点とは?

それでは、年賀タオルはどうやって選べばいいのでしょう。見るべきポイントは4つあります。

1.ブランドにこだわる

会社として企業イメージを高級にしたいということであれば、やはり海外の有名ブランドや国産でも高級タオルといわれる産地のものを選ぶといいでしょう。

国産で最もブランド力がある産地はやはり今治でしょう。今治タオルブランドのマークがあればそれだけ相手に良いものと伝わりやすいですし、インパクトもありますね。

2.納品までの時間を優先させる

年末間近なので、確実に年内に社名入りの年賀タオルが欲しい、タオルの質やブランドよりも納期が重要という場合は、仕事の早いタオル会社にお願いしましょう。

納期遅れによって挨拶ができないということがないように注意が必要です。

3.品質や機能性にこだわる

年賀タオルにも吸水性などの機能性を求める場合は、国産の高機能タオルを選びましょう。

製造技術が優れていることもあり、使ったときに糸くずが多く出て相手に嫌な思いをさせるというリスクを減らすことができます。

4.コスパにこだわる

今治タオルのような高級品もいいのですが、営業のご挨拶タオルとなるとコストパフォーマンスも気になります。

おすすめは大阪の泉州地方を産地とする「泉州タオル」。実は製造方法が今治タオルを初めとする一般的なタオルとは異なり、新品の状態での吸水性が高いという特徴があります。また、泉州タオルは業務用タオルの販売実績としては国内トップの産地になります。

今治タオルで年賀タオルを作るなら伊織がオススメ

高級な年賀タオルを作ろうと思うなら、やはり国産タオルの最高峰と言われる「今治タオル」が最も印象が良いでしょう。購入はいろいろなお店でできますが有名店でしたら「伊織」というお店でしょう。

このお店は今治タオルの専門店。ネットでの販売はもちろん実店舗も国内に20 店以上を展開しています。

企業コンセプトとして「タオルからはじまる、豊かなくらし」を掲げており、肌に心地よく機能的も優れている今治タオルが購入できます。

年賀タオルに使うにはちょっと贅沢かなタオルかな?と思うかもしれませんが、本当に良いタオルを確実に大切なお得意さまにお渡し出来ます。心をこめた年賀タオルにどうぞ。

伊織の場合には「のし巻きタオル」を選ぶことができます。表書きと社名を印刷した熨斗で今治タオルを巻いたもので手軽にお渡しできるのでおすすめ。こちらは無料でラッピングですが、本物の今治タオルが掛け紙一枚という簡易包装というのはギャップがあって面白い。

粗品タオルで年賀タオルを選ぶなら

年賀タオルは数が多く必要だし粗品タオルでまとめたい、というときにおすすめのメーカーもあります。ここでは4つのメーカーをご紹介しましょう。

たおる本舗

「たおる本舗」は株式会社ユタカが運営するオリジナルタオルのプリント専門メーカーです。

すべてのプリントは国内の自社工場でおこなうため、品質管理が徹底しているのが大きなメリット。また納期も比較的短く、年賀タオルのロットは50枚からと、ビジネス販促用タオルを依頼するには最適です。オリジナルタオルの製造業界では、トップクラスの実績があるメーカーです。

通常の納期は注文後12営業日の発送が可能です。また、特急対応については企業用名入れタオルでしたら当日発送にも対応してくれるという速さ。詳しくはお店にお問い合わせください。

泉州タオルのオクタ

「泉州タオルのオクタ」は、約130年の歴史を誇る大阪・泉州地方のタオルメーカー。

泉州タオルの特徴である「後晒(あとさらし)製法」を採用し、糸につけたノリなどを水洗いする作業「晒(さらし)」をタオルが織りあがってからおこなうために吸水性は抜群です。

年賀タオルでしたら100枚から発注できて短納期でコスパもいいということで、利用している会社は多いです。

業務用タオルを作り続けてきた泉州タオルならではのお店でしょう。

神野織物

神野織物(かんのおりもの)は、泉州タオルの老舗メーカーで手ぬぐいや風呂敷などのプリントで知られます。

こちらも長年の実績があり、納期管理や品質管理を徹底しているという優良企業です。

特に品質にうるさいコンサートグッズを得意としているメーカーですので、年賀タオルもクオリティは高いと評判。吸水性に肌触りの柔らかさ、耐久性を備えている実用的なタオルをそろえてくれており、プリントのクオリティーを重視するならこちらに見積もり依頼をしてみましょう。

 

towel’s.jp(タオルズ・ドット・ジェイピー)

towel’s.jp(タオルズ・ドット・ジェイピー)では、デザイン性に優れたオリジナルタオルを多数取り扱っています。その年の干支が可愛く描かれたタオルは大変好評で、お子さんのいる人に贈るときっと喜ばれるでしょう。もちろんキャラクターの入っていないシンプルなタオルも取り扱っていますよ。

また、取り扱っているタオルブランドもバラエティ豊かで、今治タオル、泉州タオル、おぼろタオルといった有名タオルブランドはもちろんのこと、コスパの優れたタオルも販売されています。「年賀タオルを贈りたいけど予算が・・・」という方は、格安のタオルを選ぶこともできます。

品質の良い年賀タオル購入するなら

年始に贈る「年賀タオル」ですが、そもそもなぜタオルを贈るのでしょうか?

年賀タオルを贈る意味や年賀タオルをインターネット購入できるお店についてご紹介したいと思います。

丸山タオル

丸山タオルは、愛媛県今治市にあるタオルメーカーで、創業50年以上の歴史があります。丸山タオルが作るタオルは、ボリューム感があって肌触りが良いのが特徴で、他のタオルメーカーにはないふわふわ感を楽しむことができます。技術力が高く色々な種類のタオルを開発しているので、サラサラの感触のワッフル織りも人気です。使う人の肌質によって年賀タオルを選ぶことができます。

丸山タオルでは毎年「今治御年賀フェイスタオル」が販売されます。

2019年は、まるで雲のように柔らかい肌触りを実現した「雲ごこち」やサラサラ感とふんわり感のバランスが丁度よい「しなやか細い糸」などがラインナップされました。

しかも、価格は今治タオルにも関わらず、1枚あたり600円~1,000円と低価格。ブランドタオルを年賀タオルにしたい方はオススメです。

https://maruyamatowel.co.jp/

ブルーム(Broome)

ブルームは、年賀タオルやノベルティタオルを手掛けるタオル専門店です。

最高級の肌触り・吸水性を実現した今治ブランド、コスパが非常にいい海外製激安タオルなど、買い手の予算にそって販売してくれます。

急ぎの場合は即納タイプの年賀タオルも商品として取り扱いがあります。カラータオル、かわいいデザインのプリントタオル、ナチュラルな印象の国産ガーゼタオルなど種類も豊富で女性社長からの贈り物として他の業者と差別化ができます。

バリエーションで豊富なお店で頼りになります。

トランパラン

トランパランでは、今治認定タオルや泉州タオルを取り扱っています。特に今治認定タオルに関してはクオリティが高く、「タオルソムリエ」と呼ばれる専門アドバイザーが多数在籍しており、企画・開発に携わっています。タオルに関する知識が豊富なスタッフがタオル作りに携わっているため、心地よく安心して使える高品質なタオルを見つけることができるでしょう。

年賀タオルの取り扱いも豊富で、シンプルな白タオルから和の色合いが強く描かれているてぬぐいまで揃っています。また、先述の通りタオルソムリエが在籍しているため、年賀タオルについてわからないことがあれば相談に乗ってくれます。初めて年賀タオルを贈る方や年賀タオルのマナーがよくわからない人には嬉しいですね。

コンテックス

コンテックスは、創業1934年という歴史ある今治タオルメーカー。

様々な質感のタオルに挑戦しており、今治タオルの中でもブランド力の高いお店です。また、化学繊維不使用のオーガニックタオルや吸水性とボリューム感に優れたプレミアムタオルなど幅広いタオルのラインナップ。品質はもちろん高く年賀タオルにしたら、インパクトは大きいでしょう。

年賀以外にも贈り物時期に喜ばれる今治タオルになります。

 

総合のランキング

おすすめタオルTOP3

TRUE TOWEL(トゥルータオル)

TRUE TOWELは今治タオルのなかでも、多くの高級ホテルのタオルを手掛けるメーカーのオリジナルブランド。

見た目が美しいタオルで手に取った瞬間に良いものとわかるインパクトがあります。幅広い年代に使えるタオルギフトになります。

TRUE TOWELは「SUGOI」「HOTEL」シリーズから選べ、どちらも国内最高レベルの綿100%タオルになっています。

自宅に居ながらホテルや高級スパにいるような贅沢感と肌触りのよさを感じられます。

希少性の高いブランド綿を使った本物のタオル。一度は手にとって実感して欲しい、そんなタオルになります。

 

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザインもカッコ良く、手に取ったらすぐに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地とデザインが抜群に良く、ギフトセットは黒く可愛い箱に入ってセンスが光ります。ギフトセットの種類も多くて贈り物にぴったり。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

 

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアでも高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるアイテムばかり。

OLSIAの「Premium Cotton」はふれるだけでやさしい風合い。

素材は天然の油分を含んだ柔らかいオーガニックコットンが使われています。

繊維の強度ギリギリ限界の甘撚りで織り上げられ、コットンの魅力を最大限に引き出されているタオル。肌触りはふわふわな感触は、お肌が弱い方でも安心です。女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いはないです。

 

ランキング

タオルラボの目次

タオルを選びのイメージがある場合にご利用ください。
特徴別で探す
ふわふわ 毛羽落ち少ない オーガニック綿
木箱入り 肌にやさしい マイクロファイバ
和紙タオル 残糸タオル ワッフル
ジャカード さらさら 無撚糸
シャーリング リネン メランジタオル
中空糸  大きめバスタオル 大きめフェイス 
ループ付き フード付き(子供) フード付き(大人)
ラップタオル  銭湯タオル クールタオル 
身長計タオル 粗品タオル バンブーレーヨン
バイカラー 三河木綿

性別・年代別で選ぶ

タオルは洗顔料やお化粧品などと同様に男女や年代で好まれるタオルが違う場合も多いです。年代別にタオルに出会うヒントとして参考にしてください。
特徴別で探す
女性向け 男性向け 赤ちゃん用
10代向け 20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

ランキング特集

贈り物として使いやすいタオルのランキング

さらにタオルラボで特に注目度の高いタオルの特集記事
特集記事と解説
ふわふわタオルのランキング 上質なタオルといえば、エアリー感のあるふわっふわのタオル。さわり心地の良さの評価でトップクラスのタオルのランキング特集記事です。
毛羽落ちが少ないタオル特集 お洗濯をしてホコリがたくさん出る現象「毛羽落ち」。使われる糸に工夫があったり、コットンの品種などで防ぐことができるのですよ。
amazonで購入できるタオルギフト 大手ショッピングサイトのamazonで贈り物対応ができるお店の選び方とオススメのアイテムを紹介。信頼できるお店の特集。

-タオルギフト関連
-,