タオル基本知識

タオル選びの基本|生地の種類~織り方の違い~

更新日:

タオル選び

タオルを選ぶときに重要になるのが柔らかさや吸水性などの使い心地になると思います。

タオルの特徴の違いはなぜできるか知ってますか?

使用される糸が綿であるか、シルクであるかというのも正解ですが、実は織り方の違いで大きな差が出てくるんです。

今回は織り方の種類と使用感について勉強していきましょう。

 

タオル生地の種類

パイル織り

パイル織り

最も基本的なタオルの生地になります。最も特徴的なのは表面にループが整列していることです。この織り方はタオルらしいフワフワの感触を作ることが出来ます。また、ループによって表面積が大きくなっているため水分の吸収も早いです。お風呂上りのバスタオルやフェイスタオルなど、たくさんの水をふき取る際に非常に有効です。

 

ワッフル織り

ワッフル織り

表面の形状がワッフル菓子に似ていることから名づけられたタオル生地。ヨーロッパ発祥とされ、パイル織りの生地よりも歴史は古いといいます。水分を吸収したときにタオルの内部に水を含んだ状態になり、表面部分の接触面積が少ないので拭いているときにサラっとした感触があるのが特徴です。保温性抜群なので、お子様のおくるみや簡易的な敷き毛布としても重宝します。糸抜けしにくいのと見た目が高級感があることから、人気は高いです。

 

ガーゼ織り

ガーゼ織り

ガーゼ織りは、綿の単糸を平織という方法で織った生地になります。タテ糸とヨコ糸を交互に組み重ねるシンプルな生地で、柔らかい素材になります。一枚では水分を多くは吸水できないため、タオルにするときには幾重にも重なるよう組み合わせたり、パイル地と組み合わせるなどの工夫を入れて商品化されます。医療用にも使用されるほどですから、非常に肌当たりが良いのが特徴です。タオルとしてしようすると、徐々に肌になじむような感覚が楽しめます。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く贈り物にぴったりです。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマン。その中でも吸水性にこだわった「1秒タオル」シリーズが人気です。

優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で幅広い層に評価されています。吸いつくような感触で最高の湯上りを感じたい方には嬉しい1枚。

使われる技術はかなりハイレベル「カサロ」「ふふら」は贈り物レベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われているので、自分にも世界へも優しい。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-タオル基本知識
-

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.