お風呂のコラム

知らないと人生損する!快眠のためのお風呂の入り方

投稿日:

日本人の多くは1日の最後、眠る前にお風呂に入るというリズムで過ごしている方が多いようです。

また、お風呂に入った後でないと気持ちよく熟睡できないという経験がある人もいらっしゃるでしょう。実はすでに皆さんが本能的に分かっている、入浴と快眠にはとても深い関係があり、お風呂の入り方で快眠できる理由があるのです。

ここでは入浴することで心地よい眠りができる理由や、熟睡につなげる入浴のコツなどをご紹介いたします。お風呂からベッドへの黄金ルートを確立していきましょう。

お風呂に入ると快眠できるのはなぜ?

お風呂に入った後に寝つきが良くなり熟睡できるのには理由があります。その理由は、

 

人間の身体は体温が下がり始めると眠気がやってくるという仕組みにあります。

 

それも「急激に体温が下がる」ほど、寝つきが良くなるのだそう。お風呂に入った直後は身体が温まってポカポカになっていますが、1~2時間ほどすると温まった一気に体温が下がってきます。この大きな体温の変化が快眠の入り口となるのです。

そして、体温が下がってきたタイミングで布団に入ると心地よい眠りにつきやすいのです。

熱いお湯に入る方が体温が高くなりより眠りやすくなると思われがちですが、あまりに熱いお湯に入ると覚醒してしまって逆効果。就寝する1~2時間前に湯温40度以下のぬるめのお風呂に入るようにするとよいでしょう。就寝までの時間や眠りにつきやすいお湯の温度には個人差がありますから、何度か試してベストな時間や快適と感じるお湯の温度を探すといいでしょう。

シャワーだけだと睡眠への効果なし

毎晩かならず寝る前にお風呂に入れればいいけれど、忙しいからシャワーで済ましていませんでしょうか。

お風呂もシャワーも同じようなものだからと思うかも知れませんが、睡眠効果の点で言えば全く異なります。

例えば、同じ10分間の入浴でも、全身浴では身体が芯まで温まりますがシャワー浴では温まりきらずに終わってしまいます。

快眠には体温が上がって急降下することが大事ですから、体温が下がりっぱなしのシャワー浴では快眠につながりにくいのです。シャワー浴ができる時間があるなら、もう少し時間を取って湯船にお湯をはりましょう。10分でも全身浴をすると快眠でき、全身のリラックス効果も高くなります。

快眠のためのお風呂の入り方

それでは、快眠のための入浴のコツを3点をご紹介しましょう。どれもちょっと工夫になりますが、入眠時の気持ちよさが格段に上がりますのでお試しください。

快眠入浴ステップ1「40度以下のお風呂に15分間入る」

快眠のためのお風呂は、お湯の温度が重要です。

38~40度のちょっとぬるめのお湯が最も気持ちよく眠りへ移行できます。

ぬるめのお湯なら、湯船に入った時に血圧が下がって「副交感神経」が優位になります。副交感神経はリラックスした状態の時に優位となる神経ですから、入浴中に緊張がほぐれてその後の入眠準備が整っていきます。

逆に熱すぎる温度のお湯だと入浴中に「交感神経」が優位になり、全身が覚醒します。これでは、入浴後2時間が経ってもゆったりと就寝する体になりにくいのです。

また、お風呂に入る時間も15分ほどが最適とされます。

あまり長時間はいっていると体に負担がかかりますから、入浴前にタイマーをかけて15分たったらあがるようにしましょう。

快眠入浴ステップ2「湯船に入り、全身浴をする」

湯船につかる入浴のなかでも、肩までしっかりと入る「全身浴」が快眠につながりやすいと言われます。

半身浴より全身浴のほうが身体の深いところの体温がしっかりとあがり、睡眠効果が高いのです。また、入浴中に筋肉がゆるむことがリラックスにつながります。疲れが取れてリラックス出来れば、入浴後には心地よく眠りに入る準備ができるのです。

半身浴が好きな場合は、入浴時間を長めにとって、身体の奥までしっかりと温まるようにしましょう。ちなみに、全身浴では代謝や免疫機能が向上するとも言われており、疲労回復効果や全身のデトックスにおすすめです。

快眠入浴ステップ3「就寝2時間前にはお風呂を済ませる」

お風呂は寝る2時間前に済ませて、体温の上昇→下降のリズムを作ると睡眠に入りやすくなります。

入浴後はすぐに布団に入る人もいますが、それでは身体が温まりすぎていて眠る態勢に入っていません。まずはゆっくりとお風呂に入り、入浴後は2時間かけて身体をさましていきましょう。

身体がさめるまでにだいたい1~2時間がかかりますから、入浴から就寝までに余裕を持っておくのが大切です。そして就寝前はなるべくスマホやパソコンにふれないように、ボディケアをしたり本を読んだりして過ごしましょう。デジタル機器も身体を覚醒させますから、せっかくの快眠準備がとまってしまいます。

お風呂から上がったら、のんびりゆったり。少し冷えてきたかなと思うタイミングで布団に入れば、ことんと眠れるのです。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザインもカッコ良く、手に取ったらすぐに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地とデザインが抜群に良く、ギフトセットは黒く可愛い箱に入ってセンスが光ります。ギフトセットの種類も多くて贈り物にぴったり。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

TRUE TOWEL(トゥルータオル)

TRUE TOWELは今治タオルのなかでも、多くの高級ホテルのタオルを手掛けるメーカーのオリジナルブランド。

見た目が美しいタオルで手に取った瞬間に良いものとわかるインパクトがあります。幅広い年代に使えるタオルギフトになります。

TRUE TOWELは「SUGOI」「HOTEL」シリーズから選べ、どちらも国内最高レベルの綿100%タオルになっています。

自宅に居ながらホテルや高級スパにいるような贅沢感と肌触りのよさを感じられるでしょう。希少性の高いブランド綿は一度は手にとって実感して欲しい、そんなタオル。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われていて世界へも優しい自分に。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-お風呂のコラム
-,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.