タオルギフト関連

【贈り物のマナー】結婚祝いは失敗しない贈り物の定番『タオル』が間違いない

更新日:

結婚祝い タオル

「会社の同僚が結婚する」「親友から結婚報告を受けた」「遠くに住むいとこが結婚した」、おめでとうの気持ちを上手に伝えたいけれど、いざ「結婚祝い」とを考えると、どんなことに気をつけながら、何を選んだらいいかわからないという方も多いはず。

今回は、多様化している結婚の形も視野に入れた「結婚祝いのマナー」について解説していきます。

また、特にタオルの評価が高いものから、結婚祝いとして絶対に失敗しないであろう鉄板タオルを紹介します。

 

\混同しやすい「結婚内祝い」の特集はこちら/

結婚のお祝いのお返しの贈り物マナーの記事へ

結婚祝いのマナー|多様化している結婚の形

「会社の同僚の入籍」や「親友からの結婚報告」、「遠くに住むいとこの結婚」などの方で、結婚式に参加する方は割りと簡単。

結婚式当日にご祝儀を持参すれば、一応常識的なお祝いの気持ちの表現は完了しているといってよいでしょう。

ただ、近年は結婚の形も多様化して、入籍のみで結婚式をしないという場合も多くなっています。両家の近親者だけでパーティをするため、友人や同僚は呼ばないという形も増えてきました。

いろいろな形の「結婚」を考えたとき、最低限、おさえておきたい結婚式のマナーを解説していきます。

結婚の報告を受けたら早めにお祝いを届ける

結婚式の招待状が届き、結婚式に参加するのであれば、結婚式当日にご祝儀を持参すればOK。

ただ、最近は「私たち結婚しました」という報告のみを、後日お聞きする場合も多くなっています。

ご本人から結婚の報告を受けたら、早めにお祝いの気持ちを届けるのが良いでしょう。目安としては一カ月以内。

ご本人に直接会えるなら手渡しするのが良いでしょう。

1カ月以内に会えない場合は、配送するのがベストとされています。

最近は、会える場合にも持ち帰る手間まで合理的に考えて、配送を選択する人も増えています。配送する場合は、慶事ということもあり「到着日」にこだわるのも大切です。

「大安」や「先勝」「友引」などの「吉日」に届くようにすると気が利いているという印象を受けます。

金額は「高すぎず低すぎず」がポイント

最近では結婚式の様式が多様化しています。例えば、以下のようなスタイルは私が経験したもの。

  1. 多くの親戚やお友達、同僚など盛大な結婚式
  2. ごくシンプルに近しい人たちだけパーティ形式
  3. 近い親族または両親のみで挙げる小さな結婚式
  4. 入籍のみで済ませる

この中でも、結婚式を盛大に行う場合には、ご祝儀や結婚祝いの贈り物のお返しとして「結婚内祝い」があるのが一般的。そうなると、お返しが必要なのかと新郎新婦に気苦労をかける可能性もあります。

金額が高すぎるとお相手に負担になるため、相場内に抑えた金額の贈り物選びが大切になります。

最悪お返しがなかったとしても、お互いに気にしないようにしたいものです。

結婚式に出席する場合のお祝いの相場

結婚式に出席する場合、

  • いとこや友人は、3万円程度が相場
  • 会社関係は2万円~3万円程度が相場

ただ、こちらは新郎新婦との関係性や親密度によって上下するものです。

また、結婚式に参加する場合には、ご祝儀として渡すのが一般的。別にプレゼントを用意する場合は、ご祝儀と贈り物の合計金額と考えて良いでしょう。

結婚式やパーティに出席しない場合の相場

結婚式やパーティに参加しない場合でもお祝いをお渡しするのが一般的です。

  • 親戚であるいとこは、2万円~3万円程度が相場
  • 関係性にもよりますがお友達は1万円程度
  • 会社の同僚なら5千円

が目安となるでしょう。

結婚式は行わず入籍報告のみの場合の相場

入籍のみで結婚式は行なわないという場合は、お祝いに対してお返しを考えていない可能性が高いです。

とても仲の良い間柄でない限り、高額すぎるご祝儀や贈り物はお相手にとって負担になる可能性を考慮しましょう。

「高すぎず低すぎず」が特に重要になります。

  • 親戚関係は1万円~2万円が相場
  • 友人なら3千円~5千円が相場

相場を意識して、何人かで出し合って1つの贈り物を選べば相手の負担にならなくて良いと思います。少し良いものが選べますね。

タオルが結婚祝いに向いている理由

結婚のお祝いとして選ばれることが多いタオル。タオルは、細く長い糸で織りあげられて1つの形を成しているもの。

「運命の赤い糸」という言葉があるように、細く長い糸は人と人の「縁」にたとえられ、タオルは「縁結び」の品とされています。このため、タオルは「縁起物」として贈り物に喜ばれているのです。

とくに、結婚は家族も増え、新居に移るという人たちも多いので、生活必需品であるタオルは喜ばれます。

たくさん貰うことがあっても、品質の良いものなら来客用のゲストタオルとして使ってもらえますし、失敗しにくいお祝いギフトと言えます。

結婚祝いのタオルは何色?

以前は、結婚祝いに白いタオルはNGとされ、カラータオルを選ぶ方が良いと言われていました。

これは、白が弔事も使われることもあり、白いタオルと言えば粗品タオルをイメージする人も多かったため。

ただ、最近の白いタオルは上質なコットンをつかっているものも多く、美しい光沢感がある上品なものが増えました。

白無垢やウエディングドレスといった花嫁衣装とのイメージが近く、最近では結婚祝いにも選ばれるようになってきています。白はOK、安心してお渡ししてください。

結婚祝いに適したタオルの枚数は?

タオルは2人でお揃いで使うことを考えて、ペアでプレゼントするのがオススメ。

偶数は仏事に使われる数なので、お祝い事は偶数を避けるべきとも言われていますが、現在はそこまで厳密に気にする方は少ないです。

ペアで1つとして、2枚で1セットと数える考え方もあるそう。気になる方は、2枚で1セットのものや、ペアのタオルが3種類入ってるようなセットを選ぶと間違いありません。

(ちなみに私が結婚した時はバスタオル2枚セットの方、多かったです。共働きだったので、何枚あっても困らなかったのを覚えています。)

結婚祝いタオルギフトのラッピングマナー

結婚祝いのラッピングには、知っておきたいマナーがあります。人生の大きな節目の大切なお祝いなので、しっかりとあらたまった贈り物としての体裁を整えるべきでしょう。

とはいえ、タオルギフトを販売するショップは「結婚祝い」と伝えれば、すべてを整えて配送してくれるところも多いです。ここでは、基本だけ知っておけばOKです。

結婚祝いには「のし紙」をつけます。

のし紙とは、贈り物に必須の「熨斗」と「水引」「上質な紙」がセットになった表紙。

選ぶべき「のし紙」は、描かれている水引という糸の絵が描かれているものを選びます。

水引には、大きく分けて「蝶結び」と「結びきり」の2つがあります。。

結婚祝いは1度だけのお祝い事ということで、水引は「結びきり」を絶対に選んでください。

また、水引の色は、紅白が主流ですが、さらに格が高いのは金銀とされています。もし、色を選べるなら金銀を選ぶのも良いですね。

結婚祝いとして失敗しにくい鉄板タオル

今回は、タオルラボのレビューでも高評価の「結婚祝いとして失敗しにくい定番タオル」をセレクトしました。

仲の良いお友達やいとこへのプレゼントや、会社の同僚にお仲間同士でお金を出し合って贈るのにちょうど良いタオルギフトセットをイメージして、予算1万円~2万円、ラッピングも美しくしっかりとしたものを選んでいます。

気になるタオルがあれば、レビューもあわせてチェックしてみて下さいね。

カジュアルなものも含めて使い心地の良いタオルをお渡ししたい方は、タオル総合ランキングから選ぶと良いでしょう。

ギフト用タオルの総合評価ランキングはこちら

「育てるタオル」メニーfeel setB

「メニーfeel setB」は、新生活に必要な3つの違ったサイズのタオルが2枚ずつセットになった、ペア3セットという盛り沢山なタオルギフト。

使うほどにボリュームが増していく楽しいタオルとして話題の「育てるタオル」。その中の標準タイプでもある「feel」は、1枚ずつ丁寧にオシャレなBOXにおさめられて今一番人気のタオルです。

洗うたびにふわふわになってくタオルは、2人の新生活に話題をもたらしてくれること間違いなし。

 

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザインもカッコ良く、手に取ったらすぐに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地とデザインが抜群に良く、ギフトセットは黒く可愛い箱に入ってセンスが光ります。ギフトセットの種類も多くて贈り物にぴったり。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

TRUE TOWEL(トゥルータオル)

TRUE TOWELは今治タオルのなかでも、多くの高級ホテルのタオルを手掛けるメーカーのオリジナルブランド。

見た目が美しいタオルで手に取った瞬間に良いものとわかるインパクトがあります。幅広い年代に使えるタオルギフトになります。

TRUE TOWELは「SUGOI」「HOTEL」シリーズから選べ、どちらも国内最高レベルの綿100%タオルになっています。

自宅に居ながらホテルや高級スパにいるような贅沢感と肌触りのよさを感じられるでしょう。希少性の高いブランド綿は一度は手にとって実感して欲しい、そんなタオル。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われていて世界へも優しい自分に。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-タオルギフト関連
-,

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.