タオルのコラム

最高級のコットンはコレ!良いタオルに使われているブランド綿

更新日:

上質なタオルを作ろうと思ったときに、メーカーがまず検討するのは織り方ではないって知ってます?

実はタオルの品質の基本は「綿」のグレードなんです。それもそのはず、タオルの原材料のほとんどすべては糸です。コットンの品質が良くなければ吸水性も触り心地も、いかに製造技術が高かろうと最上級のものには近づけないんですよね。

では、いったい綿の何が違うというのでしょう。今回は最高級に使われるコットンの特徴とそのブランド綿の種類について学んでいきましょう。

綿の品質は繊維の細さと長さで決まる

タオルの原料となる綿花は実はさまざまな種類があり、その中でもハイグレードなものというのは繊維が細くて長いです。そして強くしなやかで糸をつむいだときに長い繊維がブチブチと切れてしまわないということが重要です。

なぜ糸の原料の綿の長さなの?と不思議に思う方もいらっしゃると思います。タオルを作るときの糸は大抵の場合何本もの綿の繊維が集まり、それに捻り(ひねり)を加えて作られています。このときに繊維が短いとどうなるか想像してみてください。

 

そう、


引用:http://www.crayonhouse.co.jp/shop/e/ekamenoko/

例えるなら、亀の子たわしに近い。たわしも捻って作るのですが、短いものを捻り続けると繊維の切断面が外を向くんです。たわしの場合には汚れをごしごし落とすのでこれが良いのですが、タオルは優しく水を吸ってくれれば良いので、外向いちゃ困るのです。

繊維が長ければいくら捻ったところで、切断されていないので毛羽立つことがないんです。

通常使われるコットン繊維は平均値で2.8cmとされていますが、高品質なタオルに使われるものは3.5cm以上と25%以上も長い

このような特に長い繊維の綿を「超長綿」と呼ばれ、生産可能な産地も中国、アメリカ、インドなどのしかも限られた環境の土地でしかできません。

また、繊維の細さは、触り心地が滑らかで糸の間に隙間が細かくできやすいので水を含みやすい状態になります。長くて細いタオルは触り心地と吸水性を両立するための必須条件になるんですね。

高品質の超長綿となるとカシミヤよりも細い12μm(1cmの1000分の1の太さ)にもなるんですよ。絹のような触り心地と当サイトで表現されるレベルのものは大抵コレくらい上質なものが使われていると推測できます。

 

有名なブランド綿について

世界には綿花のいくつかの名産地があり、どのメーカーも高品質のタオルを作りたいときにはその有名産地のブランド綿を買い付けして作ることになっています。今回はその中でも特に有名なものを紹介していきましょう。

もし、気になるタオルがブランド綿を使っている場合には、少なくとも製造能力がどうとか、生産国がどこかなどを考慮しなくても使い心地が良いものである可能性が高いです。一度試しに使ってみても良いでしょう。

西印度諸島海島綿(かいとうめん)

数あるブランドの綿花の中でも特に品質が高いとされて古くから重宝されているのが西印度諸島海島綿です。この海島綿は綿花の原種に近い品種で、非常にデリケートで栽培が困難で有名です。一方で他のどの綿花よりも長く細い繊維である特徴があります。

この綿花は繊維の強度も桁違い、昔はパラシュートの素材として使われていたこともあるくらい丈夫なんです。この綿で作られた製品、衣類などは英国王室や各国の王侯貴族のなかでも好まれており、非常に上質なセレブのための材料でした。

現在でもカリブ海周辺のバルバドス、ジャマイカ、ネービス、などごく限られた産地でしか生産できません。また日本でも限られた業者だけが海島綿を使った商品を販売できるという縛りがあるなど、特に希少価値の高いものです。

スーピマ綿

スーピマとはアメリカ産の超長繊維綿のうち特に品質が高いと認められたものに与えられるブランド綿の名前です。アメリカにあるスーピマ協会が基準を示しており、これを満たすものだけがスーピマであることを名乗ることができるんです。他の綿花と比較すると気象条件に左右されないため、どの年のタオルを購入しても品質にばらつきが少ないというのが一番の魅力でしょう。

ちなみにスーピマという名称は「superior pima」の略だそうです。直訳すると意味は高級なピマ。元は南米ペルーでピマ種という綿花があり、これを品種完了したものがスーピマ種ということになります。

新疆綿(しんきょうめん)

中国の西部新疆自治区で栽培される超長綿です。1年を通じて太陽出ていることが多いこの地方、雨が少ないことで上質な綿花ができているようです。世界中の超長綿のなかでも長さは他の品種の中でもトップクラス。

一般的に入手しやすいブランド綿であるために、日本でも製造しているブランドも存在します。特に上品な光沢と柔らかい肌触りのタオルに仕上がるので、タオルブランドよりも綿のブランドで購入を決める方も増えています。

 

エジプト綿

ナイル川の肥沃なデルタ地帯で栽培される綿。強度が高い超長綿として世界的に高い評価を得ています。「ギザ綿」とも呼ばれ、収穫された土地のエリアと種を示す番号から「GIZA##」などと番号が振られるのが特徴。「ギザ45」「ギザ70」「ギザ88」は特に品質が高いことで有名です。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く、バスタオル・フェイスタオルなどの組み合わせ選びも楽しい。タオルラボ注目の高品質タオル。

今治タオル「sara-la(さらら)」

さらら

今治タオルの高級ブランド「sara-la」は希少な超長綿であるギリシャコットンを使った、絹のように輝くタオル。シンプルな白いタオルながら高い品質と日本風のデザインで様々な贈り物シーンで人気が出ています。

幅広い年齢層・女性向けのタオルギフトを探している方で、品質にこだわる方にオススメです。

タオルの贈り物は今治タオル。そんな定番中の定番のギフト商品の中でも、ただ今治タオルのブランドというだけでなく、最高レベルの使い心地を追求して作られたタオル。ロットナンバーでタオルを管理する品質への徹底ぶりは驚きます。

梱包の箱も和テイストで統一されていて美しい。お中元やお歳暮などの季節のご挨拶はもちろん、縁起物として結婚祝い、結婚内祝い、出産祝い、快気祝いにもぴったりです。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマンの「1秒タオル」は優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で人気です。吸いつくような感触が最高の湯上りを感じられます。

シンプルなタオルですが使われる技術はかなりハイレベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

テレビや雑誌にも取り上げられ、有名な百貨店の多くで販売されているタオル。吸水力抜群の1秒タオルは一度は試して欲しいタオル。プレゼント対応も非常に良いので贈り物の心配なしです。

-タオルのコラム
-

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2019 All Rights Reserved.