タオルのコラム

【いまさら聞けない】タオルの素材と風水の関係とは?運気の上がるタオルの条件

更新日:

運気を上げる 風水

毎日使っているタオルで運気が変わったら、嬉しいですよね?

風水をとり入れて恋愛運や金運をアップさせたり、風水的にエネルギーの高まる方位を調べて、寝室の方角やベッドの位置を決てみたり、手軽な占いやおまじないを試すのような気分で、開運を目指すという方も増えているようです。

簡単な方法で風水をとり入れるなら、毎日つかうお風呂や洗面所のタオルえらびもオススメ。

風水の考え方では、トイレや台所、お風呂などの水周りを整えると運気が整う、運勢が上がると言われています。今回は風水的な観点から、タオルの素材や扱い方についてご紹介していきます。身近に置いて毎日使うアイテムだからこそ、その開運効果を知ることで、毎日が豊かになるかもしれません。

風水におけるタオルの役割と扱い方

風水では、タオルで手や体を拭くという作業は、厄災を拭い去る「厄落とし」の意味があると言われています。お風呂で洗い落としきれなかった厄をタオルで拭きとるので、その日、1日の厄落としという役割になります。入浴は心や体を癒すだけではなく、かなり重要な意味を持っているんですね。

拭きとられた厄災は、タオルに溜め込まれていくわけですから、家族で使い回すと、厄を移している事になり、運気が落ちたり健康が損なわれるきっかけになったりするそうです。各自に1枚準備して、こまめに洗濯。いつも清潔なタオルをつかうことが重要です。

とはいえ、洗濯しても厄は少しずつ溜まっていきますから、半年から1年ほどで交換するのが良いとされています。ただ、洗濯しても風合いが変わらず清潔さを保てる高品質なものであれば、もう少し長くつかってOK。

くたびれて硬くなり糸がほつれてしまったようなタオルを、もったいないからと使い続ている方もいるかもしれませんが、肌ざわりも良くないですし、風水的にも運気を下げてしまうと思えば、思い切って交換してみるのがオススメです。

 

タオルの素材と風水の関係

風水の考え方の中に、自然界のすべてのものは「木・火・土・金・水」という5つの性質・属性に分類されるというものがあります。それぞれに相性があり、組み合わせる事で運気が上がったり下がったりするというのが風水の基本。文字の持つイメージだけでも、なんとなく印象がわかりますよね。

お風呂や洗面所は「水の属性」持っている場所で、同じ「水」の性質や、水によってはぐくまれる「木」の性質を持っている素材と相性がいいと言われています。

逆に、相性が悪いのは「火の属性」。水は火を消してしまうので相性は良くないのです。火の素材というと熱や薬品などで合成されるような化学的なものになります。これをタオルとして使っている場合には、水と対立しあって運気を落としてしまうのです。

水周りにもっとも向いているタオルの素材は何?

水の性質持つの洗面所やお風呂で使いたいのは「木の属性」をもつ素材です。「コットン」や「リネン」「シルク」といった天然繊維は、「木」の性質を持っているのでタオルの素材として適しているものと言えます。

シルクは金運をはじめとする運気全体を上げることができる素材。シルク素材はコットンやリネンに比べてかなり高価で、タオルになったとしてもお洗濯にも少し気をつかわなければなりません。

 

手軽に洗濯できて、丈夫さを考えるならコットンかリネンでしょう。

リネンのタオルの拭きごこちは、かなりさっぱりとしていて男性向き。日本人にはフワッとしたやわらかさが好まれてることを考えると、もっともオススメなのはコットンのタオルと考えるのが良いです。

風水NGのタオル素材は?

一方、「マイクロファイバー」といった化学繊維は「火の属性」の素材。吸水性が高く、比較的、お財布にやさしい価格で愛用者の多いマイクロファイバーのタオルですが、風水的に言うとバスタオルには向いていない素材となります。

また、水の流れをイメージさせるサラサラとしたものや、波打つようなしなやかな形状をしているもの、波の模様などは、水の性質を持ちます。手触りの良いタオルや水を思わせる織りや模様のタオルは、お風呂上りのバスタオルとして条件を満たしています。

運気の上がるバスタオルチェック

  1. 天然素材の「コットン」
  2. 常に清潔に保てる洗濯に強いもの
  3. 風合いが保たれる高品質なもの
  4. 表面がサラサラしているもの
  5. 水をイメージさせる織りや模様

すべてを満たすタオルを探すのは、なかなか難しいと思われるかもしれません。

でも、実は意外と簡単なんです。

上質なコットンの糸で丁寧に織り上げられたタオルは、表面がさらさらとして滑らかで、波打つような、美しいしなやかな形状をしています。また、洗濯にも強く、長く風合いが維持されるものがたくさんありますので、ぜひ、探してみてください。

伝統のタオルブランド「今治タオル」は風水的にも優れている

今治タオルは、100年以上受け継がれてきた伝統技術で織りあげられた上質なタオルです。厳選されたコットン本来のもつ良さが損なわれないよう、豊かな瀬戸内の自然にはぐくまれた清冽な水をたっぷりとつかって洗われていて、自然のパワーを蓄えた水との相性が良いタオルと言えます。

製造過程では、火の属性である化学的が薬品などを極力をつかわないよう工夫もされてるので「木の属性」が生かされています。今治タオルは、高い吸水性や、やわらかさだけでなく、風水的な観点からも、優れたタオルと言えるでしょう。

今治タオルの中には、瀬戸内の海をイメージさせる波紋のデザインやのものもいろいろあるんですよ。今回は、今治タオルの中から、条件を満たすタオルをご紹介しておきましょう。

サラサラの表面加工で波の模様を表現した今治タオル「フリュ」

今治タオルの「フリュ」は、無撚糸という、コットン本来のやわらかさを追求した糸で織りあげたパイルのタオルに、パイルのループの上部をカットするシャーリングという加工を部分的にほどこして、波模様を表現しています。

シャーリング加工をした部分は、うつくしい光沢感を持ち水面のような輝きをはなっています。

今治タオルとして認定されているので、高い吸水性とやわらかさも保証されていて、60年以上の歴史を持つ今治タオルメーカー「七福タオルの」のしっかりとした技術が注がれているので、耐久性にも優れたタオルです。ご自宅用はもちろん、新築祝いや転居祝いに贈るのにも使いやすいです。

まとめ

いかがでしたか?

タオル素材と風水の関係についてご紹介してきました。風水は、生活を豊かにする環境学ともいわれています。風水に詳しい上級者は、素材だけでなく色にまでこだわって、タオルの使い方を工夫していますが、初心者がはじめるなら、まず、いま使っているタオルがくたびれていないかチェックすることから。

繊維が硬くなったり糸が抜けたり、汚れがあったら買い替えてみるのが良いですね。

新しいタオルは、お風呂場や洗面所の運気を上げてくれる上質なコットンのタオルを。出来れば毎日洗濯して清潔に保ち、1日の疲れと厄をしっかり拭い去れば、快適な生活をサポートしてくれるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

育てるタオル

育てるタオル

新宿伊勢丹などにも出店している話題のタオルブランド。ギフトボックスのデザイン性も高くプレゼントとして受け取ったときに幸せを感じられます。

最新の技術で使うほどに柔らかくなるという魔法のタオル。

使い心地やデザインが良く、特にギフトセットは円柱型の可愛い箱に入っておりセンスが光ります。ギフトセットの種類も多く贈り物にぴったりです。話題性と優秀な品質でタオルラボ注目の高品質タオル。

Hotman(ホットマン)

ホットマン タオル

創業150周年を迎えたホットマン。その中でも吸水性にこだわった「1秒タオル」シリーズが人気です。

優れた吸水性と赤ちゃんでも使える安全品質で幅広い層に評価されています。吸いつくような感触で最高の湯上りを感じたい方には嬉しい1枚。

使われる技術はかなりハイレベル「カサロ」「ふふら」は贈り物レベル。機能性や使い心地で商品も多いのでお相手に合わせたギフトができます。

OLSIA(オルシア)

OLSIA

OLSIA(オルシア)は今治にあるタオルメーカーの人気タオルブランド。SNSやWEBメディアで高い評価を得ており、30~40代の女性にとても高い人気を誇ります。

タオルは職人さんの手作りを感じる「あたたかさ」があり、日々の生活がちょっと幸せになるかも。

OLSIA Premiumはやさしい風合いでコットンの魅力を最大限に引き出したタオル。フェアトレードで輸入しているオーガニックコットンが使われているので、自分にも世界へも優しい。お肌が弱い方でも安心して使え、女性向けのプレゼントや赤ちゃんへのお祝いに選んで間違いないでしょう。

-タオルのコラム
-

Copyright© タオルギフトで豊かな気持ちを贈りたい【タオルラボ】 , 2020 All Rights Reserved.